発祥の地bannar
日本のアスパラガス発祥の地
 [にほんのあすぱらがすはっしょうのち]


場所
北海道岩内町高台
コメント
積丹半島の西側の根元に位置する 岩内町の市街地。岩内町役場の300mほど東の 岩内協会病院に隣接する交差点角に この碑が建っている。

アスパラガスを日本で初めて作ることに成功したのは, 岩内町で薬種業を営んでいた 下田喜久三氏だった。 大学を卒業したばかりの下田は, 冷害で大きな被害を受けていた北海道の農家の状況を憂い, 1913(大正2)年から研究を始めた。欧米からアスパラの種子を取り寄せ 試験栽培を続けた結果, 1922(大正11)年 新品種を開発して 翌年から大規模な栽培を始め, 周辺の農家にも 作ることをすすめた。 1924(大正13)年 岩内町に「日本アスパラガス株式会社」を創設して 缶詰の生産を始めた。
アスパラガスが日本で食べられるようになったのは明治期以後のことで, しかも当時 アスパラガスと言えば 缶詰のホワイトアスパラのことを指し, 輸入の超高級品しかなかった。 日本アスパラガス社の缶詰は 高い評価を得て, やがて輸出ができるまでになった。

ホワイトアスパラは, 若芽に光があたらないように 盛り土をして, 芽が地上に出ないうちに根元から切り取って収穫する。大変手間がかかるため 現在では 光をあてて普通に栽培する グリーンアスパラがほとんどになっている。
岩内に3つあったアスパラ工場は 数年前に缶詰の生産をやめているが, 地元では 缶詰でない 生鮮野菜としての 生のホワイトアスパラの出荷を始めている。
なお, 日本アスパラガス(株)は 缶飲料の製造などを行って, 現在でも岩内町で操業しているとのこと。

コメント
(2008/9追加)
『記念碑に見る北海道農業の軌跡』(※)によると,この碑は 1975(昭和50)年に 岩内地域の アスパラガス生産者と缶詰加工企業によって建立された。

※『記念碑に見る北海道農業の軌跡』 北海道協同組合通信社・刊(2008) .

撮影日
2006年6月
碑文
日本のアスパラガス発祥の地

 北海道の冷害対策作物として生 れたアスパラガス産業の今日の隆 盛は,大正十一年 岩内町出身の 農学博士故下田喜久三が心血を注 いだ研究により寒冷な風土に耐え しかも罐詰原料としての特性をそ なえた新品種瑞洋種の育成に成功 したことに因る。
 氏は 翌十二年現在の共和町に 四十ヘクタールの直営農場を設け アスパラガスの栽培に着手し 同 時に一般農家にその栽培を奨励し た ついで大正十三年 岩内町に 日本アスパラガス株式会社を設立 し 大正十四年 会社はアスパラ ガス罐詰の企業化生産に成功した これが東洋におけるアスパラガス 産業の始めである
 右の事蹟を継承し この地にお いてアスパラガスの栽培につとめ る耕作者と罐詰の生産流通にあた る地元企業が相はかり 関係者の 協力を得て此の地が 我が国に於 けるアスパラガス産業発祥之地で あることを銘記し併せて先人の功 を讃え ここに記念碑を建立する ものである

  題字 北海道知事 堂垣内尚弘

アスパラガス発祥の地碑 案内標識
アスパラガス発祥の地 碑
案内標識


移転先 http://840.gnpp.jp/asparagus/