発祥の地bannar
えのき茸発祥の地
 [えのきだけはっしょうのち]

場所
長野県長野市松代町東寺尾
コメント
長野電鉄・屋代線の松代駅から 北に1.4km。
上信越道の長野インター近くの 国道403号沿いに建つ JAグリーン長野・松代農業総合センターの前に, 写真に示す看板が掲出されている。

えのき茸は 広く世界中にあり, 原産地として特定できる場所はないとされる。 したがって「えのき茸発祥の地」という表現はおかしい。 おそらく「えのき茸栽培発祥の地」と言いたかったのだろう。

現在市販されているえのき茸のほとんどは, 工場において人工的に栽培されている。
えのき茸の人工栽培は, 京都の森下彦三郎氏が創始者で, これを長野県の屋代中学の長谷川五作教諭が 教材として希望者に教えたことに始まり, 1931年頃に長野県松代町で生産が開始された。
天然のえのき茸は 晩秋から真冬にかけて エノキ・柿の切り株などに生えるもので, これをビンの中で人工栽培することが 冬の農家の副業として広まった。
戦時中 一時中止されていたが, 1953(昭和28)年に再開され, 1960年代には全国に広まった。
現在では 冷房施設のある工場で生産することが一般的になり, 季節を問わず大量生産でき, 低価格で安定的に供給できるため 消費量も大きく拡大した。

余談だが, 天然のえのき茸は なめこのように茶色くてぬめりがあるという。 店頭で目にする白いえのき茸は 光をさえぎられ低温室で人工栽培されているため, モヤシ状態で 白く細長いものになっている。

撮影日
2008年6月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
 えのき茸発祥の地 松代
    JAグリーン長野
    JA長野県経済連

えのき茸発祥の地看板
 えのき茸発祥の地 看板