発祥の地bannar
高原野菜発祥の村
 [こうげんやさいはっしょうのむら]


場所
長野県南佐久郡川上村大字御所平
コメント
JR小海線(八ヶ岳高原線)の信濃川上駅から 南西に2km。
野辺山から信濃川上方向に小海線と並行して走る道路が小海線を横切る少し手前,右手にある森山のふもとに 「高原野菜発祥の村」碑がある。

この「高原野菜発祥の村」記念碑は 1989(平成元)年に 建立された。
道路から碑を見ると「高原野菜」という文字しか見えず,その下は松やススキ等の陰になっていた。 地元では碑を建てっぱなしで あまり大切にしていないようだ。
碑の前方には 下写真のような畑が広がっていた。

高原野菜を特産品とする地域はたくさんあるが,特に名前の通っているのは ここ長野県川上村のレタスと 群馬県妻恋村のキャベツだろう。
八ヶ岳と秩父山塊にはさまれた野辺山高原は,標高が高いことから 夏季でも冷涼であり, これを利用して レタス・キャベツ・ハクサイ・ダイコンなどの野菜の抑制栽培が行われている。 育つのが遅いため 他の地域で生産された野菜が少なくなったころに 出荷できる。

川上村は,昭和初年に鉄道(小海線)が開通して 大都市への農産物の輸送が可能になると ハクサイの生産が盛んになり,高原野菜の産地に発展した。
戦後 1949(昭和24)年に 国の蔬菜生産指定地となって 次第に栽培面積を増やし, 1950(昭和25)年から レタスの栽培も開始された。
その後 村ぐるみで大規模野菜産地に転換を図り,更に 高速道路の整備などにより 野菜の出荷量も増加。 冷蔵車・保冷庫による,鮮魚の輸送にも匹敵する品質・温度管理が行なわれるなどの努力が実り, 現在では 広大な野菜団地が生まれている。

撮影日
2009年6月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
高原野菜発祥の村
      農林水産大臣 羽田孜謹書

(副碑)
   高原野菜発祥の村
 川上村は 標高1,100米以上1,500米位の千曲川の源流高冷 の地に八つの集落で形成されています。
 往時よりこの村はわずかばかりの水田と畑に依る農業及び林業とにより なりわいをなしていましたが 高冷地の宿命として常に冷害に脅か され 窮乏な生活を余儀なくされていました。
 現在この村の高原野菜の生産量は全国一を誇り 農家一戸 平均収入も全国最高位とされ 昭和四十八年には朝日農業賞 五十六年には天皇杯を受賞するなど高原野菜の村として比類なき 実績を誇っております。
 この栄誉の陰には 春風秋雨の永きに亘って不毛の地をたがやし 厳しい気象とたたかい幾多の困苦にもめげず,営々として郷土の発展 をねがい乍ら高冷地農業を実践してきた多くの先輩篤農家達 又ついに報われること無く長逝された先駆者 更に日夜を分かたぬ 熱意をもって川上農業を導いた指導者など 数多くの人達の実 績があったことを とこしえに忘れることはできません。いま深甚なる 意を表するものであります。
 また近年の農業軽視の風潮の中にあって 農民こそが物心両面に恵ま れた淳風美俗社会創造の担い手であると信じ,明るい希望に燃えて後に 続く若者達への確かなあかしとし, 更なる発展を念願して,立村百周年にあ たりここにこの碑を建立するものである。
    平成元年四月 川上村長 藤原忠彦


 
高原野菜発祥の村碑 同・副碑
高原野菜発祥の村 碑
同・副碑

発祥碑前に広がる野菜畑
発祥碑前に広がる野菜畑