発祥の地bannar
ラベンダー発祥の地
 [らべんだーはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
北海道札幌市南区南沢町
コメント
札幌市営地下鉄・南北線の真駒内駅から 南西に4km。 北海道東海大学札幌キャンパスの南に500m位の場所に「南沢神社」がある。 神社境内の下の道沿いに 碑が立っている。

発祥碑周辺のラベンダー花は 数が少なく, うっかりすると見過ごしてしまう。 もっともラベンダーを見たい人は, 近くにある北海道東海大学がよいだろう。 2002年より3ヵ年計画で「ラベンダーキャンパス化計画」を実施し, これまでに 3,600株のラベンダーを植え, シーズンには大変美しい花を咲かせている。

撮影日
2006年7月 (写真提供 N.M.さん)
碑文
ラベンダー発祥の地

ラベンダーの原産地南フランスで 昭和12年曽根田政治氏がその種子を 入手し 3年間の試験栽培を経て昭 和15年に南ノ沢農場を開設して 日本で初めて香料原料として本格的 にラベンダーの苗を栽培しはじめた。
 最盛期の昭和30年代には 紫の 絨毯を敷いたかのような美しい風景 が広がり その素晴らしさは今でも 語り継がれている
 この貴重な事実を継承し ラベン ダーを南沢のまちづくりの象徴とす るため ここにその由来を標す。
        南区南沢町内会連合会
        南沢まちづくり協議会

  南沢のラベンダーの歴史
1937(昭和12)年曽田香料(株)の創業者である曽田政治氏が、 フランスのアントワン・ヴィアル社からラベンダーの種子を5kg入手する
1938(昭和13)年札幌、北見、千葉、倉敷でラベンダーの試験栽培を実施した結果、 北海道が栽培に最も適しているとの結論を得る
1940(昭和15)年南沢の地に同社の「南ノ沢農場(主任 麻田正吉氏)」が開設され、 本格的に植付けが開始される
1941(昭和16)年北海道岩内郡発足村(共和町)に同社の直営農場が開設される
1942(昭和17)年南沢及び岩内の農場に蒸留器が設置され、 日本最初のラベンダーオイルが採取される
1948(昭和23)年北海道上富良野地区でラベンダーの委託栽培が開始される
1972(昭和47)年頃安い輸入香料などの影響を受け、 ラベンダー栽培事業が衰退に向かう
1980(昭和55)年(株)サッポロ曽田農場解散

ラベンダー発祥の地碑 南沢神社
ラベンダー発祥の地 碑
南沢神社

移転先 http://840.gnpp.jp/lavender/