発祥の地bannar
宮重大根発祥の地
 [みやしげだいこんはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
愛知県清須市春日宮重町
コメント
JR東海道本線の稲沢駅から 南東に1km。
名古屋高速道路一宮線の“西春インター”の西500mに“宮重遊園”という小さな児童公園がある。 そのフェンス外側に設置された“春日町名所案内板”に「宮重大根発祥の地」と書かれている。

大根は, ゴボウのように細く長い“守口大根”, カブのような球体の“桜島大根”・”聖護院大根”, 太く長い“練馬大根”など, その種類は多い。
宮重大根は, 長さは40センチぐらい, 頭は小さくなで肩, 胴は太く, 青首。 漬け物・煮物・生食 など いろいろな用途に向くと言われる。

宮重大根は1000年以上も前から 木曽川に近いこの地域で栽培されており, 肥沃で砂質の土壌が 大根の栽培に適していたとされる。
江戸時代中期から 全国にその名が知れ渡るようになり, 松尾芭蕉の手紙にも宮重大根の名前が出てくる。 明治時代になると 周辺地域に栽培が広がり, 昭和にかけて 愛知県の代表産物となった。 しかし 太平洋戦争中から食料不足対策として サツマイモに転作され, さらに病虫害などにより 昭和40年代に宮重大根は消失してしまった。
そこで もう一度元祖の宮重大根を復活させようと, たまたまある農家の引出しから出てきた種子を 基に, 1992(平成4)年に「宮重大根純種子保存委員会」が設立され, 宮重大根が復活した。
現在 愛知県の伝統野菜に選定されて 郷土野菜の復活に取り組んでいる。

〔注〕 春日町のホームページによると, 2007年11月に この近くの“みやしげふれあい農園”横に 『宮重大根発祥之地趾』という石碑が建てられた。
撮影日
2002年9月 (写真提供 徳利旅さん)
碑文
春日町名所案内板
  宮重大根発祥の地

 宝永年鑑(1704年〜1715年), 当時の尾張候が八剱社へ遊猟に来られた折, 宮重庄屋にて, 休憩せられた。
その時に境道で採れた大根を煮て昼飯に供したところ, 誠に美味(おいしい)と称賛され, 年々これを献納するように命じ, 当産を証するための印章及び御紋付提灯並びに絵符を賜ったことに始まる。
 このあたりは, 天保十二年の村絵図にも「御献上宮重大根畑」と記されている。

春日町    .


 
宮重大根発祥の地案内板
 宮重大根発祥の地 案内板

移転先 http://840.gnpp.jp/miyashigedaikon/