発祥の地bannar
名古屋コーチン発祥の地
 [なごやこーちんはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
愛知県小牧市中央1丁目
コメント
名鉄・小牧駅前。駅ビルを出てすぐ前の歩道上に,二羽のニワトリの像を載せたモニュメントが出来た。「名古屋コーチン発祥の地」と書かれている。

名古屋コーチンは,愛知県で改良されたニワトリの品種で,愛知県畜産総合センター種鶏場が供給する種鶏から生産される鶏のこと。愛知県周辺を中心に 日本全国で飼育されている。卵をよく産み,肉もおいしいことから「卵肉兼用種」と呼ばれる高級食材で価格も高い。
トサカは赤色で単冠,羽は淡い黄褐色で,脚は灰色。形は大型で 通常2〜3kg,大きなものでは4〜5kgになるものもある。
秋田の比内地鶏,鹿児島の薩摩地鶏と並ぶ“三大地鶏”の一つである。

日本では 明治以前はほとんど肉食の習慣がなかったが,尾張藩においては 卵や肉を売るために鶏が飼われていた。明治維新によって職を失った士族に対して,尾張藩では 転業支援のための各種の講習を行ったが,その中に養鶏技術があったため 養鶏を始める者があった。
海部壮平・正秀の兄弟は,尾州藩の砲術指南として召抱えられていたが,維新後は養鶏に関心を持ち,池林村(現在の小牧市池之内)で 1000羽のニワトリを飼養するまでになった。
しかし 当時の地鶏は体も小さく産卵も少なかったため,品種改良の指導者も経験もない中,独力で 地鶏と中国産の“バフコーチン”とを交配させて徐々に理想の鶏を生み出し,1905(明治38)年に“国産初の実用鶏”の認定を受け,“薄毛”あるいは“名古屋コーチン”と呼ばれた。
その後1919(大正8)年に,褐色レグホーン等の遺伝子を取り入れて改良された品種が「名古屋種」と名付けられたが,そのまま「名古屋コーチン」の名称も使われ,現在に至っている。

小牧市では,2006年より「小牧発祥!名古屋コーチン」を広くPRすべく,“名古屋コーチンプロジェクト”を組織して啓蒙活動をしている。
この発祥碑は その一環として建立が計画され,2012年2月25日に除幕式が行われた。("できたてホヤホヤ"の発祥碑で,本稿掲載の2日前)。
また 料理レシピコンテストや マスコットキャラクターの愛称を公募したりの活動が行われた。

撮影日
2012年2月 (写真提供 OLDMANさん)
碑文
名古屋コーチン発祥の地
    小牧
題字 小牧市長 山下史守朗

 
名古屋コーチン発祥の地 碑 名古屋コーチン像拡大
名古屋コーチン発祥の地 碑
同・拡大

小牧駅 なごやコーチン
小牧駅
キャラクター
“なごやコーチン”


移転先 http://840.gnpp.jp/nagoyacochin/