発祥の地bannar
斜里農業発祥の地
 [しゃりのうぎょうはっしょうのち] 


場所
北海道斜里町字朱円西
コメント
JR釧網本線・知床斜里駅から 東に約6km。
国道334号から 200mほど南に入った 一面の畑の中に, 白い台石に載った 黒い石碑が建っている。

斜里が 正式に村となったのは 1875(明治8)年。この頃は漁業の利益だけに頼る寒村だった。
1877(明治10)年, 岩手県から入植した 鈴木養太が, 斜里村赤上1番地で農業を始めた。 これが 斜里における農業の始まりである。 ちなみに 斜里で稲作が始まったのは 1896(明治36)年のころから。
1978(昭和53)年 斜里町100年を記念して, この「斜里農業発祥の地」記念碑が建立された。

撮影日
2007年8月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
斜里農業発祥の地

    碑文
明治十年(西暦1877年) 岩手県人鈴木養太 の手によりこの地に 初めて開拓の鍬が おろされた
この偉業をたたえ 斜里町開基一〇〇 年を記念しこの 碑を建立する
 昭和五十三年八月
        斜里町
         鈴木養太孫
         鈴木泰司書

斜里農業発祥の地碑
 斜里農業発祥の地 碑
同・碑文
同・碑文