発祥の地bannar
端野町水田発祥の地
 [たんのちょうすいでんはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト http://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
北海道北見市端野町三区
コメント
JR石北本線の愛し野駅から 北に800m。
国道39号の北西側を並行して通る道路と 東12号線の交差する角(廃校の向い側)に, 白い石に「端野町水田発祥の地」と刻まれた石碑が建っている。

端野町(たんのちょう)は 北海道網走支庁管内にあった町で, 2006年に常呂町・留辺蘂町と共に北見市と合併した。

この地域は,1897(明治30)年から 北光社移民団(土佐からの移民団・112戸)及び屯田兵によって 開拓が始まった。
当初は 小麦・豆類・ジャガイモなどの主食作物に始まり, 1901(明治34)年以降はハッカの栽培が積極的に行なわれた。
稲作の試みは 入植の数年後から行なわれたが 成功には至らず,1924(大正13)年になって 灌漑用水路が 完備した後に広く行なわれるようになった。
発祥碑の近くに設置された説明板には 次のように書かれている。

    端野の水田風景

 屯田第四大隊第一中隊は明治30・31年(1897・98)に百戸ずつ,併せて二百戸が端野に入植しました。寒冷な気候のため,畑作のみを行なっていましたが,稲作への思いは強く,何度も試みられました。
 明治34年(1901),第二代屯田歩兵第四大隊長の美和光儀中佐は,この地での稲作が可能と判断し,冬季に留辺蘂から端野まで約32kmにわたる屯田大灌漑溝の掘削を命じ,翌年1月に完成させました。その後も試作の成果は上がりませんでしたが,大正13年(1924)に新たな灌漑溝の掘削に着手し,翌年に完成しました。その結果,造田に拍車がかかり,平坦地のほとんどが美田に生まれ替わりオホーツク地方における数少ない稲作地帯として現在に至っています。


撮影日
2009年5月 (写真提供 徳利旅さん)
碑文
端野町水田発祥の地
       北海道知事 道垣内尚弘書

(裏面)
端野町の稲作は, 明治三十一年,垣下長松が この地で試みたのが最初と 伝えられている。その試み は,実を結ばなかったが, 米作りえの情熱は,その後 も脈々と受け継がれ
今日の端野町の稲作が結実した。


 
端野町水田発祥の地碑
端野町水田発祥の地 碑

移転先 http://840.gnpp.jp/tanno-suiden/