発祥の地bannar
立田赤蓮発祥の地
 [たつたあかはすはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
愛知県愛西市戸倉町
コメント
名古屋鉄道の津島線・尾西線の分岐駅である 津島駅から 西に約10km。
木曽川の東岸から1km程のところに 真宗大谷派の寺・陽南寺がある。寺の門前に 立派な石碑と 市の教育委員会が建てた説明板が建っている。

旧・立田村(2005年に周辺町村と合併して安西市となった)は,木曽川・長良川の東岸に位置し,肥沃な湿田地帯ということで,レンコンの特産地として知られる。

ハスの花は 一般に白またはピンクなので, 立田のハスは 赤色が濃いのが特徴らしい。
立田にハスが持ち込まれたのは,下記の碑文にあるように江戸時代のことらしいが,最初は 花の観賞用として栽培されていたものが,根茎(レンコン)が食用に適することがわかり,付近の農家に栽培が広がり 当地の特産品となったと言われる。「赤蓮」は地下茎が深くて堀り上げ作業が大変なため,徐々に「うすあか」という品種に転換されていったという。

立田地区のレンコンは 江戸時代から今日に至るまで栽培が続いていて「尾張蓮根」とか「津島蓮根」と呼ばれる。 全国的に見ると レンコンの生産量は 茨城県土浦市が1位,次いで徳島県鳴門市,そして 第3位が安西市となっている。
安西市では「赤蓮保存田」に“太白蓮”“西湖蓮”などの珍しいハスを含めて32品種も栽培しているとのことで,これ以外にも周辺には多数の蓮田があって,花の咲く6〜7月頃には,花を愛でる人たちで賑わうという。

撮影日
2010年5月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
立田赤蓮発祥の地

(説明板)
    立田赤蓮発祥の地
              戸倉 陽南寺
 立田村の赤蓮は,天保年間(1830〜1843)各地に広がり,尾張蓮根として産物となったが,その発祥については二説がある。
 一説には,文政の頃(1818〜1829)当山住職竜天和尚が近江(滋賀県)から蓮根を持ち帰り,村の重吉さんの助けを借りて 湿田に植えたところ,地味とよく合致して増殖したというのである。
 もう一つの説は,九州肥後国(熊本県)から尾張へ来て藩主に親任された僧豪潮が持参した「蓮の実」を竜天が譲りうけ,鉢に泥土を入れ蒔きつけ,発芽したのが広まったとする説である。
 当時,竜天氏は漢方医を兼ねており,蓮の薬法研究に力を注ぎ,多勢の人々から信頼された人物でもあった。
 日本各地に分布した赤蓮も,現在では,本村を含め,新潟県三和村新潟県新田郡笠懸村,熊本県宇土市などに現存するのみである。
                立田村文化財指定第一号
                立田村教育委員会


 
立田赤蓮発祥の地碑 立田赤蓮発祥の地説明板
立田赤蓮発祥の地 碑
(色があるのは 前面からの反射のため)
立田赤蓮発祥の地 説明板
陽南寺 山門 立田赤蓮発祥の地説明板
陽南寺 山門
立田赤蓮

移転先 http://840.gnpp.jp/tatsuta-akahasu/