発祥の地bannar
民間航空発祥之地
 [みんかんこうくうはっしょうのち] 


場所
千葉県千葉市美浜区稲毛海岸4丁目
コメント
JR 京葉線・稲毛海岸駅の北東約700メートル。細長い稲毛公園の南端に 飛行機の翼をかたどった塔(記念碑)が建っていて, 側面に「民間航空発祥之地」の文字が見える。 塔の高さは9メートル, 横幅も9メートルだという。

奈良原三次男爵は 海軍で飛行機の研究を行い, 1910(明治43)年に 自ら設計した『奈良原式』 飛行機を自費で完成, 高度4メートル・距離60メートルの飛行に成功した。
1912(明治45)年には ここ稲毛海岸の干潟を飛行場に利用し, 民間初の飛行練習場とした。 同時に この飛行場を本拠に全国巡回飛行会を開催した。 このため この地は 民間航空発祥の地といわれる。
発祥記念碑の基部には, 「奈良原式鳳号」の複葉機と その諸元を示すプレートが 表示されている。

現在 稲毛の海岸は埋め立てられて, 海岸は 2キロほど南西に移っているが, 稲毛海浜公園には 「稲毛民間航空記念館」が建てられていて, 「奈良原式鳳号」 の復元機をはじめ, 稲毛飛行練習場の当時の写真などが展示されている。

発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

撮影日
2005年1月
碑文
民間航空発祥之地
  笹川良一 書

1912年5月 奈良原三次氏 この海浜に初めて練習飛行場を創設
教官白戸栄之助氏により 飛行士の養成をはじめた
この地がわが民間航空発祥の地である
  1971年7月
    伊藤音次郎 記
    航空振興財団

民間航空発祥之地碑
  民間航空発祥之地 碑

複葉機「奈良原式鳳号」
 複葉機「奈良原式鳳号」
(発祥碑基部のプレート)


移行しました http://840.gnpp.jp/minkankoku/