bannar
重砲兵発祥地
 [じゅうほうへいはっしょうち]


場所
神奈川県横須賀市馬堀町4丁目
コメント
京浜急行・馬堀海岸駅の東 700m。
馬堀小学校の校庭の奥, テラス状に一段高くなった所に, ゴツゴツした自然石に石のプレートを 嵌め込んだ 石碑が建っている。

ここ 馬堀小学校と 南側に隣接する馬堀中学校, それに自然教育園を含む一帯は, かつて 陸軍重砲兵学校があった場所。小中学校側には 当時の重砲兵学校の形跡は何も残っていないが, 自然教育園は かつて重砲兵学校の弾薬庫があった場所で, 当時の地形がそのまま保存され, 火薬庫を囲む分厚いコンクリートの擁壁などが残されている。

「重砲兵学校」とは, 単に 兵隊に大砲の扱いを教える学校かと思われがちだが, 実態は 将校や下士官に 戦術や射撃などに関する高度な技術を教育する施設で, 同種の学校としては 他に「騎兵学校」「通信学校」などがあった。
また「重砲」とは, 口径が15cm程度以上の 大型の大砲を指し, 小型の「軽砲」と区別される。 大型の砲は 要塞などに固定して設置される「要塞砲」として, また軽砲は そのまま あるいは分解して運搬し 野戦場で使用される「野砲(野戦砲)」となる。

撮影日
2006年10月
碑文
重砲兵発祥地
     永持源次謹書

当処は明治二十二年創 立せる陸軍重砲兵学校 の旧址なり本校は重砲 兵の進歩発展に貢献し 昭和二十年迄に三万の 将兵を練成す正に重砲 兵発祥の地と謂うへし 然るに往時の施設は近 年改廃せられ近くその 姿を没せんとす全国同 憂の士深く之を惜しみ 由緒ある遺蹟を永く顕 彰する為明治百年に方 り此の碑を建つ
      昭和四十三年十一月
        重砲校遺蹟顕彰会

重砲兵発祥地碑 馬堀小学校
重砲兵発祥地 碑
馬堀小学校