発祥の地bannar
騎兵第十四連隊発祥之地
 [きへいだいじゅうよんれんたいはっしょうのち]


場所
千葉県船橋市三山2丁目
コメント
京成本線の京成大久保駅から 北に800mに, 日本大学の生産工学部がある。 正門を入って左手の図書館裏手に, いくつもの石碑類が建っており, その中に 「騎兵第十四連隊発祥之地」の碑がある。
この場所は 低い石塀を挟んで 隣の東邦大学と接しており, 「騎兵第13連隊発祥之地」碑と 背中合わせとなっている。

発祥碑の手前には, 「騎兵第十四連隊之跡」と書かれた金属の碑と, その隣に 上半分が欠けた「**騎兵第十四連隊之跡」(**の部分は石碑が欠けているため 読み取れない) と刻まれた 古い石碑が並んで建っている。
新しい金属製の碑に添えられた説明文によると, 昭和43年に日本大学が新しい建物を建てようとした時に 地中からこの石碑が発見され, 騎兵14連隊のものと判明したため, 新たに金属製の碑に複製した,ということのようである。

  騎兵第十四連隊之跡

  明治三十四年十一月創立
  昭和七年六月満州移駐
    昭和八年五月建之

  昭和43年14号館前デ
  発掘サレタモノヲ復元
      昭和62年10月
「騎兵第14連隊」の歴史については「騎兵第13連隊発祥之地」 を参照。
撮影日
2007年5月
碑文
騎兵第十四聯隊発祥之地
    武田恒徳

  昭和六十一年十月二十六日建之
         騎兵十四聯隊会

    碑誌
騎兵第十四聯隊ハ畏クモ明治天皇ヨリ軍旗ヲ 親授セラレテ明治三十四年十一月創設サレ此 ノ地習志野ニ駐屯シタ
明治三十七年日露戦争ガ勃発スルヤ満州ニ出 征シ沈旦堡ニ於イテ勇戦奮闘シテ克ク騎兵ノ 精華ヲ発揮シタ
戦終ッテ此ノ地ニ帰還シ練武ニ精励シタガ昭 和七年六月満州事変ニ出動シ其ノ後此ノ地ニ ハ戦車第二聯隊ガ駐屯シタ
騎兵第十四聯隊ハ満州ニ於イテ夏季豪雨ニヨ ル泥濘ヲ冒シテ馬占山討伐等ニ従軍シ同年冬 広漠タル厳寒ノ北満ホロンバイルニ進出シ海 拉爾周辺ニ駐留シテ六年に亘リ満ソ国境守備 ノ重責ヲ遂行シタ
昭和十三年六月騎兵集団ニ出動命令ガ下リ其 ノ隷下ニアッタ聯隊ハ海拉爾ヨリ長駆河南省 帰徳淮陽方面ニ進撃次イデ蒙彊地区ニ転戦シ 昭和十七年十二月機甲兵団ノ新設ニ伴ヒ包頭 附近ニ於イテ機動歩兵第三聯隊ニ改編セラレ 戦車第三師団ニ属シテ再ビ河南省ノ鄭州洛陽 周辺一部ハ遠ク湘桂方面ニ作戦シ赫々タル武 勲ヲ挙ゲタ
此ノ兵営跡ハ昭和二十九年日本大学ノ敷地ト ナッタガ大学御当局ヨリ深イ御理解ト温カイ 御厚意ヲ戴キ有志相図リ幾多先輩戦友ノ偉勲 ヲ偲ビツツ此処騎兵第十四聯隊発祥ノ地ニ此 ノ碑ヲ建テ我ガ聯隊ノ事績ヲ永ク伝エヨウト スルモノデアル
    昭和六十一年十月二十六日
               騎兵第十四聯隊会

 
騎兵第十四連隊発祥之跡碑 騎兵第十四連隊之碑
騎兵第十四連隊発祥之跡 碑
騎兵第十四連隊之碑(旧・新)

日本大学生産工学部
日本大学生産工学部