bannar
皇軍発祥之地
 [こうぐんはっしょうち]


場所
宮崎市横小路
コメント
JR日豊本線の宮崎神宮駅から 西に1.8km。
宮崎地方気象台から北に200mほど入った所に 皇宮神社がある。 神社の南側の参道を入ると 右手に背の高い石の塔が建っていて, 「皇軍発祥之地」という文字が刻まれている。

皇宮神社は 近くの宮崎神宮の摂社で,境内には“皇宮屋(こぐや)”と呼ばれる ワカミケヌ(後に即位して神武天皇となる)が東征するまで過ごした宮居の跡がある。
神話として伝わるところでは,東征の軍は この地を出て,美々津の港から船で 大和に向かい, 出発から6年後の西暦紀元前660年に 橿原の地に宮を築き,即位して神武天皇となった。

この碑は 1940(昭和15)年に,神武天皇東征の地を「皇軍発祥の地」として建てられたもので, 建てたのは“財団法人紀元2600年奉祝会”。
これ以後 日本は“皇国日本”として戦争への道を突き進むことになる。

この碑は 高さは12メートルあり,“記念碑”というにはあまりにも大きくて, “モニュメントの塔”と呼ぶ方が似合っている。
なお 美々津には,同じ位の大きさの「日本海軍発祥の地」のモニュメントも建っている。

撮影日
2008年10月
碑文
皇軍発祥之地

  紀元二千六百年宮崎縣奉祝會
  紀元二千六百年 陸軍大将 杉山元書

皇軍発祥之地 皇宮神社拝殿
皇軍発祥之地 碑
皇宮神社 拝殿