発祥の地bannar
海軍航空発祥之地
 [かいぐんこうくうはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
神奈川県横須賀市浦郷町5丁目
コメント
京浜急行の追浜駅から 東へ約2キロ。日産自動車の工場群の向かい側に「貝山緑地」があり, この入口から 坂を上って右手に 2つの碑が並んで建っている。向かって右側の砲弾型の仕切りで囲まれたものが「海軍発祥之地」碑,左側の黒い石碑は「甲飛 鎮魂の碑」である。

この貝山緑地は 向かいの日産自動車などの工場があるあたりを含めて, 旧海軍航空隊の基地だった。
貝山緑地に接してすぐ西側には ボッシュ と ナブコ の工場があるが, この辺りに 海軍航空隊が置かれた際に 最初に格納庫が建てられており, その由縁をもって「海軍発祥の地」とされた。

(関連項目) 海上航空発祥の地

撮影日
2004年3月
碑文
海軍航空発祥之地

明治四十五年 始メテ海軍航空術研究委員会組織セラレ 十月地ヲ追浜ニシ 東西二百米 南北六百米ノ地積ヲ画シ 其ノ一隅ニ格納庫壱棟ヲ建設ス 即チ此ノ地ナリ
十一月二日 海軍大尉河野三吉 カーチス式水上機ヲ操縦シテ飛行ス 同六日 海軍大尉金子養三モ亦 ファルマン式水上機ヲ操縦シテ飛行ス 是実ニ帝国海軍飛行ノ嚆矢ナリ
今茲ニ 碑ヲ当時ノ格納庫ノ跡ニ建テ 以テ記念ト為スト言フ
     昭和十二年十一月三日
        横須賀海軍航空隊

(説明板)
海軍航空発祥之地 記念碑 案内

 右に夏島 左に野島を望見し, 海に向かって延びていた滑走路をほうふつさせる この台地は, もと横須賀海軍航空隊の一部であり, ここには同隊の殉職者を祭った 追浜神社や気象観測所があった。
 1912年, 同隊において実施された‘日本海軍の初飛行’を記念して, 当初の碑は 1937年, この台地の下, 最古の飛行機格納庫跡に建てられたが, 戦後破壊された。
 この碑は1956年, 海空会によって再建されたものであるが, 周辺の敷地一帯が国より 株式会社ナブコに払い下げられたため, 工場内に保存されることになった。
 戦後50年目の1995年, この碑は関係者により, 公共の場所である現在地に移設復元さ れた。


 
海軍航空発祥之地 碑
海軍航空発祥之地 碑

移転先 http://840.gnpp.jp/kaigun-koku/