発祥の地bannar
藤間流発祥の地
 [ふじまりゅうはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
埼玉県川越市熊野町
コメント
東武東上線・上福岡駅の北西 約1km。
高階南小学校の南の 川越街道沿い, マツダ販売店の斜め向い側。
アパートの裏側の家の庭に 写真に示す石碑が建っている。

「藤間流」は, 日本舞踊の一流派。
日本舞踊は 現在数百の流派があるとされ, その中で 花柳流・若柳流・坂東流・西川流 と 藤間流が, 五大流派と呼ばれる。
藤間流は この地 武蔵国入間郡川越の藤間村出身の 藤間勘兵衞によってはじめられた。 勘兵衛は 能の狂言師で, 宝永年間に江戸へ出て 日本橋で踊りの師匠となり, 歌舞伎の振付師に取立てられたと伝えられる。

現在藤間流は, 勘右衛門派・宗家藤間流・紫派・藤間新流・紋三郎派藤間流などがある。
特に 勘右衛門派は歌舞伎の重鎮が 藤間勘右衛門の名前を引継ぎ, 尾上菊五郎・松本幸四郎など経て, 現在の六世藤間勘兵衞は (4代)尾上松緑であり, 日本舞踊の中でも由緒正しい系統とされる。

石碑は 個人住宅の敷地内にあり 裏面を直接見ることが困難で, 垣根の外側から覗いた範囲で わずかに見えた碑文は不鮮明で, 下記のように 虫食いだらけ。

撮影日
2007年9月
碑文
藤間流発祥の地

   埼玉県知事
    栗原 浩 書

(裏面)
日本舞踊界の名流 藤間流の始祖藤
間勘兵衛がこの地の出身■■■■■
学界の定説である 彼の■■■■■
伝えられるが川越庄藤間の地に■■■
宝永の頃江戸に出て日本舞踊の一派を
開き 居住の地藤間を誰■■■■■
流派の名を藤間流と称した。
 ここに勘兵衛の血統■■■■の地
に住む人々並びに有志■■■■■■
地に建碑し、功を後世に伝えるものであ
る。
  昭和四十二年五月吉日
     藤間流発祥の地顕彰会
      工事施行者
         秩父市 ■■石材工業所
         長瀞町 ■■工務店
         ■■市 今井造園
           書 ■屋■蔵

藤間流発祥地碑
 藤間流発祥地 碑


移転先 http://840.gnpp.jp/fujimaryu/