発祥の地bannar
無外坊胡麿仁者蕉禅創業之地
 [むがいぼうこまろじんじゃしょうぜんそうぎょうのち]


場所
東京都品川区北品川3丁目
コメント
京浜急行の新馬場駅から 西に100m。駅北口から第一京浜国道を渡った向い側の児童相談所横を 西に入った突き当たりに,臨済宗清徳寺がある。 寺の本堂前に 高さ2mほどの茶色の石碑が建っている。

柳下胡麿という人物は 明治時代の俳人。俳号は「無外坊」。
“蕉禅派”という流派を起し,蕉禅新聞を発行した。 著書に『蕉禅道句大鑑』等があるという。
それ以上の詳しいことは不明だが,この石碑は 胡麿がここ清徳寺において 蕉禅派を創業した ことを記念して建てられたものと推定される。

なお,鎌倉の建長寺には,『蕉禅俳諧五哲記念碑』という碑が見られる。

蕉禅俳諧五哲記念碑
    大正五年八月 建立
       柳川堂璋翁
       世外居世外
       無童爵庵呑海
       風見坊玉龍
       山陰坊機外
         無外坊湖麿

 蕉禅風祖の柳下湖麿師は、菅原時保禅師の室に参ず。後に川上道済師に師事して、 通俗佛教を主唱し、並びに道化俳諧を鼓吹す。その風に従う者、明治・大正にわたり 二万七千を超ゆ。師俳界退隠の紀念として、五哲を互選して名を録したり
撮影日
2008年9月 (一部写真提供 "もへい"さん)
碑文
無外坊胡麿仁者蕉禅創業之地
    正三位本荘寿巨書

(裏面)
   蕉禅派俳壇社中惣代
     正四位 川端玉章
   法友 当山廿一世 森巌山
派祖小傳 
  明治八年十二月七日小田原市京徳■■誕生
  藤原鎌足三十七世通称柳下大叶
  法号兼俳号 無外坊胡麿
    大正元年十二月七日建之

(“派”の文字は「サンズイ」+「瓜」の文字が使われている。 )

無外坊胡麿仁者蕉禅創業之地碑 清徳寺本堂
無外坊胡麿仁者蕉禅創業之地 碑
清徳寺本堂