発祥の地bannar
棟方志功躅飛飛沫隈暈発祥之処
 [むかなかしこうちょくひひまつわいうんはっしょうのところ]


場所
富山県南砺市福光
コメント
JR城端線の福光駅前のロータリーに“女人観世音”と書かれた棟方志功の絵が嵌め込まれた壁 (棟方志功の版画モニュメント)がある。
このロータリーの駅側に 谷崎潤一郎の題字による「棟方志功躅飛飛沫隈暈發祥之處」と書かれた. 幅3m,高さ1.8mの石碑がある。

極度の近視で 版木に顔をこすりつけるようにして‘板画’を彫ったことで有名な棟方志功は 青森生まれ。 戦時中にここ福光に疎開して およそ7年間在住。この地の自然をこよなく愛し,精力的に制作活動を行った。

この碑は 2008(平成20)年に,棟方志功の功績を顕彰するために建立された。
棟方は 生前「偉くなったら福光駅前に『躅飛飛沫隈暈描法發祥之處』と刻まれた大きな碑を建てたい」 と語っていたという。

撮影日
2009年8月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
  祈りの山『桑山』 志功 第二の故郷の山
棟方志功躅飛飛沫隈暈(ちょくひひまつわいうん)發祥之處
                題字  谷崎潤一郎

棟方志功は「偉くなったら福光駅前に『躅飛飛沫隈暈描法発祥之処』と いう大きな碑を建てたい」と高坂貫昭氏(18世光徳寺住職)に語った
この描法は 墨を含んだ水を勢いよく振りかけ 滲みの効果を巧みに活 かした独自の技法で 昭和19年に襖絵《華厳松》(光徳寺蔵)昭和21年 には 屏風《松柏図》(福光美術館蔵)をこの描法を用いて描いている

棟方志功(1903〜1975)
福光時代 昭和20年4月〜26年11月まで(棟方志功42歳〜48歳)
浄土真宗「他力」の影響もあり 数多くの板画や倭画などを描いた

明治36年(1903) 青森市に生まれる 志功は本名 大正13年に上京する
昭和11年(1936)  民芸の提唱者 柳宗悦 河井寛次郎 濱田庄司らの知遇を得る
昭和20年(1945) 4月南砺市(旧 福光町)に戦争疎開 光徳寺及び分家に住まいする
昭和21年(1946) 12月住居を新築 現在展示館を「愛染苑」向かいの旧居を「鯉雨画齋)と呼ぶ
昭和31年(1956) ヴェネツィア・ビエンナーレ展で国際版画大賞受賞 世界のムナカタとなる
昭和45年81970) 文化勲章を授与される
昭和50年(1975) 9月13日棟方志功永眠 (72歳)

     寄贈 南砺ロータリークラブ
        創立40周年記念事業
     制作 福光商工会 ふくみつ棟方プロジェクト委員会
     建立 平成20年6月17日


 
棟方志功躅飛飛沫隈暈発祥之処碑
 棟方志功躅飛飛沫隈暈発祥之処 碑
棟方志功の版画モニュメント
 棟方志功の版画モニュメント .