発祥の地bannar
嶋根歌舞伎発祥公演之地
 [しまねかぶきはっしょうこうえんのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
東京都足立区島根4丁目
コメント
東武鉄道伊勢崎線の西新井駅から600m北東に,日蓮宗の寺 国土安穏寺がある。
本堂の向い側の樹木に隠れるように「嶋根歌舞伎発祥公演之地」と刻まれた 大きな石碑が建つ。

歌舞伎役者が歌舞伎座などで演じる歌舞伎を“大歌舞伎”と呼ぶのに対して,農村部などで素人が演じる歌舞伎は“地歌舞伎”あるいは“農村歌舞伎”(時に“地歌舞伎”)などと呼ばれる。
地歌舞伎は 江戸時代から明治・大正時代まで全国的に盛んに行われていたが,大戦前後には衰退した。
しかし 昭和40年代ごろから復活の動きが活発となり,現在は長野・岐阜・愛知などを中心に 全国で約200団体が活動しているといわれる。代表的なものには 美濃歌舞伎(岐阜県)・播州歌舞伎(兵庫県)・相模歌歌舞伎(神奈川県)などがある。

足立区島根地区で行われた「嶋根(島根)歌舞伎」は,はっきりした資料は見当たらないが,江戸時代に始まったと考えられ,明治〜昭和にかけて盛大に行われていたが,戦争で中断し,戦後 1946(昭和21)年と1950年に行われたのを最後に 立ち消えとなっている。
近くの島根鷲神社(島根4丁目)には,“島根歌舞伎記念碑”が建立されている。

撮影日
 
2010年3月
碑文
郷土芸能
  嶋根歌舞伎発祥公演之地
      日蓮宗第四十五代管長 大僧正 文妙院日威

    彰徳
 江戸時代二代秀忠 三代家光両将軍の帰依をうけた当山安置の開運誦経日蓮大菩薩の尊像は 季開扉 御成跡開帳 居開帳 宝物弘通等によって近郷近在信徒の益々の尊崇を受けるにいたった
 殊に宝暦十二年四月一日より牛込宗柏寺 文化元年四月一日より芝円珠寺を宿寺として それぞれ六十日間に及ぶ公許の江戸出開帳は隆盛を極めたという この間本寺中山貫主 祖林中村化主 法縁々頭 そして法類の各寺主の高座説教や霊宝開帳 加えて江戸や近在の取持講中の協力が大であった それは彼ら愛好家による宗祖日蓮大聖人御一代記を演じた郷土芸能嶋根歌舞伎の公演が特記されるのである
 その後上記に加え一般出物も当山龍口法難会や御会式捕夜等に上演され 信仰の増進と村民生活に潤いを与えて来た
 而るに第二次世界大戦をもって後継されずに今日にいたる 今少数の出演経験者は知り得る限りの先輩 同僚各位の氏名を刻し その事績を後世に伝えんとす 真に感賞すべし 天下長久山々主 合掌
        維持昭和六十二年九月吉祥
          第四十九世伝灯  新井日湛識

       物故者・後援者・発起人     (氏名略)


 
嶋根歌舞伎発祥公演之地碑 国土安穏寺 仁王門
嶋根歌舞伎発祥公演之地 碑
国土安穏寺 仁王門

島根歌舞伎記念碑(島根鷲神社)
 島根歌舞伎記念碑
 (島根鷲神社)

移転先 http://840.gnpp.jp/shimanekabuki/