発祥の地bannar
曽我廼家喜劇発祥之地地
 [そがのやきげきはっしょうのち] 


場所
大阪市中央区道頓堀1丁目
コメント
御堂筋の“道頓堀橋南詰”交差点から 東に50m。
大阪松竹座に向かって左端,敷地の端に「曽我廼家喜劇発祥之地」と刻まれた,やや古びた石碑が建っている。

江戸時代から続いていた即興劇ニワカが 明治時代に発展して 舞台でも演じられるようになり,鶴屋団十郎一座が大阪で人気を博した。これに刺激を受けた元歌舞伎役者の中村柵之助(後の曽我廼家五郎)は 同じ役者仲間の中村時代(曽我廼家十郎)を誘って「新喜劇」の看板をあげた。これが日本における“喜劇”の先駆けとなった。
五郎のアクの強い粘っこい芝居に対して,十郎はサラリとして飄々とした芝居を書き,彼等の 時代の変化を敏感に捉えた,人情味のあふれる演劇のスタイルは「曽我廼家喜劇」と呼ばれ,庶民の哀歓を笑いのうちに表現し 人気を博した。
1925(大正14)年 十郎の死後,曾我廼家五郎劇は 東京を始め全国各地の一流劇場を常打ちにするなど,大人気劇団となった。五郎は喉頭ガンのため無声となっても舞台に立ち続け,文字通りの「喜劇人」であった。
1948(昭和23)年 五郎が没すると,残された曾我廼家五郎劇の関係者は 松竹家庭劇と合流し,道頓堀の中座で「松竹新喜劇」を結成し,曽我廼家喜劇は 藤山寛美らに引き継がれた。

この発祥碑は,1975(昭和50)年に 藤山寛美らによって,中座の前に建立されたが,1999(平成11)年に中座が閉鎖になったため, 大阪松竹座前に移設された。

撮影日
2010年1月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
曽我廼家喜劇発祥之地
  曽我廼家五郎
  曽我廼家十郎

  明治三十七年二月十一日曽我廼家五郎十郎この地に喜劇の旗幟を掲げ
  てより 中島楽翁 初代澁谷天外 時田一瓢 田宮貞楽 志賀廼家淡海
  曽我廼家十吾  二代目澁谷天外 などそれにその志を継ぐこと
  七十年に亘りました こゝにその歴史を偲んで一碑を建立し併せて先
  人の名を高野山常善院に納め追慕の志といたします
          昭和五十年二月十一日    藤山寛美

          楽天会
          瓢々会
          喜楽会
          志賀廼家淡海劇
          松竹家庭劇
          松竹新喜劇

 
曽我廼家喜劇発祥之地碑
曽我廼家喜劇発祥之地 碑