発祥の地bannar
土沢神楽発祥の地
 [つちざわかぐらはっしょうのち]


場所
岩手県花巻市東和町土沢1区
コメント
JR釜石線の土沢駅から北西に1.3km。
釜石線の線路に沿って県道286号を南に進むと,東和町に入ってすぐに「土沢神楽発祥の地」と書かれた看板が建っている。この看板はは花巻側(北側)と遠野側(南側)で絵が違っている。
この看板は消防団の建物の端にあるが,その隣には“岩手県指定無形民俗文化財土澤神楽伝承館”がある。

「土沢神楽」は早池峰(はやちね)大償(おおつぐない)流山伏神楽の流れをくむもので,江戸時代後期ごろに発生したと考えられている。
岩手県指定無形民俗文化財に指定されており,演目には“鶏舞”“翁舞”など多くあって,東和町の鏑八幡(かぶらはちまん)神社の9月の例祭のほか町内各神社の祭典などで演じられる。

ちなみに大償神楽は,岩手県稗貫郡大迫町内川目の大償集落に伝わるもので,8月の早池峰(はやちね)神社の祭礼などで演じられる。東北地方に山伏が伝えた山伏神楽の一種で,権現様と呼ばれる獅子頭を舞わして持って農閑期に村々を歩き,家ごとに 火伏せ・悪魔払い などの祈祷を行った。
古い猿楽能の様式を残し,厳しい習練によって洗練された舞ぶりは,芸術的にもすぐれたものとされ,1976年に国の重要無形民俗文化財に指定されている。

撮影日
2014年7月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
岩手県指定無形民俗文化財第11号
 平池峰大償流
  土沢神楽発祥の地

  神楽行事
  2月11日 新春舞始め
  9月第3土曜日 八幡神社


 
「土沢神楽発祥の地」看板。北側より見る 同左・南側より見る
「土沢神楽発祥の地」看板
北側より見る
「土沢神楽発祥の地」看板
南側より見る

土澤神楽伝承館
岩手県指定無形民俗文化財
土澤神楽伝承館