発祥の地bannar
ケーブルテレビ発祥の地
 [けーぶるてれびはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
群馬県渋川市伊香保町伊香保
コメント
伊香保温泉の温泉街と物聞山山頂を結ぶ 伊香保ロープウェイの“ほととぎす駅”の下, 伊香保温泉バスターミナルの一角に, パラボラアンテナを模した石碑が建っている。

この記念碑は ケーブルテレビの誕生から50年を経過した記念に建てられた。

NHK のテレビ放送が開始されたのが 1953(昭和28)年。 山間地区にある伊香保温泉では テレビ電波が届かないため, 難視聴対策として NHK が その2年後の 1955(昭和30)年に, 物聞山の山頂に 共同受信アンテナを設置。 同軸ケーブルによる伊香保の町でのテレビ放送を開始した。 これが 日本における ケーブルテレビの発祥とされる。

撮影日
2007年11月 (写真提供 H.O.さん)
碑文
 一九五五年
ケーブルテレビ
   発祥の地

 映像メディアの精華
テレビ放送開始から二年
ケーブルテレビは 一九五五年
伊香保に誕生し 全国に広まる
テレビの躍進と共に
放送文化の発展に
大いなる役割を果たす
五〇年の節目に
先人の情熱と尽力に感謝し
将来の更なる飛翔を誓う
 二〇〇五年十一月二十一日

社団法人日本ケーブルテレビ連盟
 理事長 唐沢俊二郎(碑文揮毫)

社団法人日本CATV技術協会
 理事長 中川康彦

 建立日 二〇〇五年十一月二十一日

ケーブルテレビ発祥の地碑 伊香保温泉 バスターミナル
ケーブルテレビ発祥の地 碑
伊香保温泉 バスターミナル


移転先 http://840.gnpp.jp/cableTV/