発祥の地bannar
電信発祥の地
 [でんしんはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
岡山県岡山市北区京橋町
コメント
岡山電軌鉄道・西大寺町駅の西100m。
旭川に架かる京橋の西詰から北に延びる水之手筋の東の川岸に,表紙を開いた本をかたどったユニークな形の記念碑があり,「電信発祥の地」と書かれている。
碑の片側には モールス信号の“トンツー”で表記した『デンシンハッショウノチ』が刻まれている。

明治初年,電信事業を国営で行うことが定められると,まず東京〜横浜の間に電信線が敷設され,1871(明治4)年には,国内の電信網よりも前に,上海およびウラジオストックとの国際回線が開通している。
1873(明治6)年には 東京〜長崎間の電信線が開通。長崎までの回線は岡山市を経由したため,岡山市内にも同年に電信局が開設され,公衆通信業務が開始され,やがて県内全域に整備されていった。
なお,岡山市内で電話交換業務が開始されたのは 1903(明治36)年のことになる。

ちなみに,初期の電信は モールス符号(トン・ツー)を用いて,送信は手で電鍵をたたき,受信も人間が耳で聞いて文字に書き取り,これを電報として配達した。
あまり長距離を伝送できないため,一定の距離ごとに中継所が設けられ,人間が介在して文字に書き取り,これを再送信するという,人間によるリレー方式が取られた。

撮影日
2011年1月 (写真提供 T.O.さん)
碑文
電信発祥の地

  明治六年(1873年)十月一日この地に岡山電信局が開設されました。

  平成4年1月建立
    岡山信友会
    NTT岡山支店

     NTT岡山支店長
     福沢 進 謹書


 
電信発祥の地碑 電信発祥の地碑裏面
電信発祥の地 碑
同 裏面

デンシンハッショウノチ モールス信号
デンシンハッショウノチ モールス信号


移転先 http://840.gnpp.jp/denshin-okayama/