発祥の地bannar
JOGK放送発祥の地
 [ジョーオージーケーほうそうはっしょうのち]


場所
熊本県熊本市中央区下通1丁目
コメント
熊本市交通局の電停“熊本城・市役所前”停留場から東南東に100m。
熊本市役所の南東側に道路を挟んで立体駐車場がある。駐車場の南西端に道路に面して「JOGK放送発祥の地」と書かれた碑と説明板が建っている。

この地は,NHK熊本放送局が初めて開局した場所である。
熊本放送局は 九州で最初の放送局として 1928(昭和3)年に開局し,福岡放送局が開局(1930)した後も 長い間九州沖縄8県を統括する中核局として扱われていた。1992(平成4)年になってようやく九州の中核局としての機能が福岡に移管され,熊本はローカル局となった。

「JOGK」はNHK熊本放送局のコールサイン。
1925(大正14)年にNHKラジオ放送が開始されてから各地に放送局が開局されていったが,コールサインは原則として「JO*K」(*=A〜Z)の形のものが順番に割り当てられていった。

コールサイン地域使用開始時期
JOAK 東京 1925
JOBK 大阪 1925
JOCK 名古屋 1925
JOFK 広島 1928
JOGK 熊本 1928
JOHK 仙台 1928
JOIK 札幌 1928
JOJK 金沢 1930
JOKK 岡山 1931
JOLK 福岡 1930
これを見ると,東京・大阪・名古屋を除く地方局の中で,熊本はかなり早い時期に開局されていたことがわかる。この当時は熊本が九州の中でも重要視されていたのだろうか。

撮影日
2014年11月 (写真提供 まさ・なち さん)
碑文1
JOGK放送発祥の地

 昭和三年(1928)六月十六日
 この地にNHK熊本放送局が
 開局し九州で最初のラジオ
 放送が始まりました

NHK放送開始六十周年記念
   昭和六十年六月十六日建立
         日本放送協会
          熊本放送局

(説明板)
JOGK放送発祥の地
   (日本放送協会九州支部跡)
 わが国のラジオ放送は,大正14年(1925)3月22日東京で第一声をあげました。
 同年大阪,名古屋にも放送局が誕生し,昭和3年(1928)には,広島につぐ九州初の「熊本放送局」がこの地に開局されました。
 コールサインはJOGKで当時の受信者数は,九州一円の21,682件にすぎませんでした。
 昭和20年の戦災時にも放送を続け,同28年の大水害にいたっては水没しながらも放送を続けました。
 昭和33年にはテレビ放送も開始され,局舎も手狭になったため,同38年,千葉城町(現NHK熊本放送局)に移転して今日に至っています。
                  熊本市

 
JOGK放送発祥の地 碑 発祥碑と駐車場ビル
JOGK放送発祥の地 碑
発祥碑と駐車場ビル