発祥の地bannar
熊本電信発祥の地
 [くまもとでんしんはっしょうのち] 


場所
熊本県熊本市新町1丁目
コメント
熊本城公園の駐車場から 西に下りた所, 熊本YMCA の東側の道路に面して 写真に示す碑が建つ。

熊本における電信の発祥に関しては 資料がなく, 詳しいことは不明。
また「碑を再建」した事情に関しても不明。

電信機の発明(モールス)は 1837(天保8)年。
日本で最初の電信(電報)業務を開始したのが 1869年(明治2)年 (東京−横浜間)。
その後 急速に電信線の建設が行われ, 1872(明治5)年には 関門海峡の海底電信線が敷設され 1873(明治6)年 東京〜長崎間の電信線を開通した。 熊本での電信開通も その頃だったと思われる。
1874年(明治7年) 佐賀の乱, 1877年(明治10)年 西南戦争が勃発し, 現地と東京との間の 連絡は 電信で行われたという。ただし 当時の電信は 長距離の伝送ができなかったため, 要所要所に中継所があって 人間が一旦文字に書き取り それを 次の中継所に発信する という方法が取られたため, 通信文が宛先に届くのは かなりの時間がかかったという。
なお, 日本で最初に電話が開通したのは, 電信より20年ほど遅れた 1889(明治22)年のことである。

撮影日
2004年10月
碑文
 熊本電信発祥の地
  日本電信電話公社

「熊本電信発祥の地」記念碑を再び建立する
    平成6年10月22日
      日本電信電話株式会社
       取締役九州支社長
        三原種昭

熊本電信発祥の地碑
熊本電信発祥の地 碑