発祥の地bannar
民放第一声の地
 [みんぽうだいいっせいのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
北海道札幌市東区北32条東15丁目
コメント
札幌市営地下鉄東豊線・新道東駅の南 200m。ジャスコ札幌元町店の 東15丁目屯田通りに面した 北東交差点に面して, 「民放第一声の地」と書かれた石碑が建てられている。

日本のラジオ放送は 1925(大正14)年に放送開始された NHKの電波が最初だった。 1950(昭和25)年に 放送法が改正され, 公共放送以外に民間放送局が認可されることになり, 1951年に 大阪・名古屋で開局したのを皮切りに 全国で民間放送が開始され, 北海道では 北海道放送(HBC)が 1952(昭和27)年1月に開局したのが最初だった。
送信所は ここ“札幌村字元村”の 雪深い牧草地で, 送信アンテナは 資金不足のため 鉄塔を建てることができず, トドマツの丸太を12本つないだ80メートルの木柱アンテナだった。
スタジオも完成しておらず, 送信所内に仮スタジオを作り 試験放送が開始された。

なお, 北海道放送の現在のラジオ送信所は 江別市にある。

撮影日
2006年5月
碑文
北海道 民放第一声の地

 ラジオ電波発射 昭和27年1月10日
    北海道放送創立30周年記念


 
民放第一声の地碑 ジャスコ
民放第一声の地 碑
ジャスコ


移転先 http://840.gnpp.jp/hokkaido-minpo/