発祥の地bannar
秋田銀行発祥之地
 [あきたぎんこうはっしょうのち]


場所
秋田県秋田市大町2丁目
コメント
JR奥羽本線の秋田駅から西に 1.3km。
日本銀行秋田支店の西隣に 秋田銀行大町支店があり, 赤茶色の台石の上に, 灰色の楕円形の発祥碑が建っている。

1872(明治5)年,伊藤博文(当時大蔵少輔)の下で“国立銀行条例”が定められ, 1879(明治12)年までに 全国に153の国立銀行が開設された。いずれも設立順に 銀行名に番号がついていて, 通称「ナンバー銀行」と呼ばれる。

秋田銀行は この国立銀行の一つとして,1879(明治12)年に 「第四十八銀行」として 秋田市のこの地に創立された。
しかし 1882(明治15)年に 日本銀行が開設され,それまでの国立銀行は 民営化されて普通銀行化されることとなり, 「第四十八銀行」も「株式会社第四十八銀行」に改組された。 さらに 1941(昭和16)年になって (旧)秋田銀行・湯沢銀行 の2行を吸収合併して, 新「株式会社秋田銀行」となり 現在に至っている。

その間,1912(明治45)年に 秋田市大町3丁目に ルネサンス様式・赤レンガ2階建ての本店を建設して移転, 1971(昭和46)年に 現本店(秋田市山王3丁目)が完成するまで59年の間 本店として使われた。
大町3丁目の旧本館は秋田市に寄贈され,1985(昭和60)年から「秋田市立赤れんが郷土館」として 公開されている。(国の重要文化財に指定)

第四十八銀行創立から 100周年後の 1979(昭和54)年に,この発祥碑は建立された。

撮影日
2008年10月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
秋田銀行発祥之地

  明治12年1月4日 秋田銀行の前身
  である第四十八国立銀行がここで営業
  を創めた。秋田県に誕生した初めての
  銀行である     昭和54年7月23日


 
秋田銀行発祥之地碑
 秋田銀行発祥之地 碑