発祥の地bannar
映画興行発祥の地
 [えいがこうぎょうはっしょうのち]


場所
大阪府大阪市中央区難波3丁目
コメント
南海電鉄・難波駅の前に「東宝南街ビル」がある。“丸井”と シネマコンプレックス “TOHO シネマズ”が入っている。
“TOHO シネマズ”入口の 1階エレベータ横の壁に 写真に示すプレートが貼り付けられている。

この場所は, 1888(明治21)年に 歌舞練場として「南地演舞場」が建設され, 1897(明治30)に フランスのリュミール兄弟製作による 映画(シネマトグラフ)が上映された。 これが日本で最初の映画興行といわれ, この地が「映画興行発祥の地」と言われる所以である。

その後この地には, 東宝により 1938(昭和13)年「南街映画劇場」が, さらに 1953(昭和28)年に「南街会館」が建てられた。
2006年には 現在の「東宝南街ビル」が建てられ, 1〜7階には 丸井が, 8〜11階には シネマコンプレックス「TOHO シネマズ」が入っている。

撮影日
2006年10月
碑文
(映画興行発祥の地)

 私はこの南街会館を建てるに際し 偶然この地が日本に於ける映画興行の 発祥の地である事を或る文献によって 知る事を得た
 即ち京都の稲畑商店が明治三十年 二月十五日(1897年)より一週間当時 此処に在った南地演舞場でフランス人オウキュスト リュミエールの発明にかゝるシネマトグラフを初め て日本で公開興行したのである
 日本で最初にスクリーンに映された映画が 人々の眼にふれたのは実に此の場所であった
 五十七年前のこの事実を私は知らずして 南街会館建設を企画したのである
 誠に奇しき由縁と思ってゐる
       一九五三年十一月
             小林一三


 
映画興行発祥の地碑 東宝シネマ
映画興行発祥の地 碑
(東宝シネマ エレベーターホール)
東宝シネマ

映画興行発祥の地碑
映画興行発祥の地 碑