発祥の地bannar
函館朝市発祥の地
 [はこだてあさいちはっしょうのち]


場所
北海道函館市若松町
コメント
JR函館駅から南に200m。函館ハーバービューホテルとホテルニューオーテの向い側に, ゴチャゴチャとたくさんの商店が並んでいる。 (⇒ 朝市案内図
駅に一番近くにある“どんぶり横丁市場”,次に“駅二市場”,中央に“渡島ドーム(朝市ドーム)”と呼ばれる大型の建物, その周辺にも中小の商店が続いている。
その渡島ドームの東側(朝市大通り側)の入口に「朝市発祥の地」の文字が書かれている。 看板ではなく,数ヶ所の入口のそれぞれに 直接大きな文字が書き込まれている。

函館の朝市は,1945(昭和20)年に 函館駅前広場の片隅で,周辺の農家が野菜などの立ち売りを始めたのが起源。 その後場所を変えながら徐々に規模が大きくなり,1956(昭和31)年になって 現在地を取得して移転した。
当初は“渡島蔬菜農業協同組合”による野菜類の市場であったが,現在は 1万坪の敷地に およそ400の店舗が集まり, 海産物・青果物・乾物・日用雑貨・衣料・花屋などから食堂まで 多種多様の商品が販売されている。 年間の来客数は 200万人に達し,北海道で最大の市場となっている。

コメント
(2014/5 追加)
「朝市発祥の地」と書かれていた“渡島ドーム”は老朽化のため解体され,2014年4月に「函館朝市ひろば」としてリニューアルオープンした。
2階建て37,000平米(約1万坪)の大きな建物の中に,50の物産店とフードコート・イベントスペースなどが設けられている。建物の南東側入口には「函館朝市発祥の地」という石柱が建てられている。

撮影日
2009年4月
2014年5月 (写真提供 まさ・なちさん)
碑文
函館朝市発祥の地

 
函館朝市発祥の地 碑(2014/5)
函館朝市発祥の地 碑
(2014/5)
新装なった「函館朝市ひろば」(2014/5)
新装なった「函館朝市ひろば」
(2014/5)

函館朝市発祥の地(2009/4)
函館朝市発祥の地  (2009/4)
(旧)渡島ドーム
(旧)渡島ドーム (2009/4)

移転先 http://840.gnpp.jp/hakodateasaichi/