発祥の地bannar
黒龍発祥の地
 [こくりゅうはっしょうのち]


場所
長崎県長崎市桜町
コメント
長崎電軌・“公会堂前”停留所の北西 100m。 長崎公会堂から長崎市役所前に向かって上る坂の途中, 地区労会館の横。
横に長い四角い石碑の上に 自然石を削った平板状の碑が載っている, 二重構造の 珍しい形状の石碑が建っている。目に触れにくい場所にあって 存在感のない石碑。

「黒龍」とは, 100年の歴史をもつ薬効クリームで, 現在でも「黒龍堂」という会社から 販売されている。
同社のHPによると, 黒龍クリームは 1907(明治40)年に, 宮崎雅幹博士が 中国・黒龍江(=アムール川)河畔で病院を経営している間に, 皮膚病の特効薬として開発した。
1930(昭和5)年, 宮崎博士の没後, 夫人は郷里長崎に帰国し, 皮膚疾患に悩む人々に黒龍を頒布し 普及に努めた。その結果 「黒龍」の名は九州の名薬として全国に広がり 広まっていった。
1949(昭和24)年, 株式会社黒龍堂を設立(本社:東京)し,「薬効クリーム黒龍」の全国販売を開始。 その後 総合化粧品メーカーとして発展し, 現在は ホテル経営・不動産賃貸事業から ペット関連事業にいたる多角的な経営をしている。

この碑は,黒龍堂を創立した初代社長が, 黒龍を開発し拡販の努力をした父と母の功績を 偲んで 昭和27年に建立したもの。

撮影日
2006年10月 (写真提供 H.O.さん)
碑文
(黒龍発祥の地)

黒龍という名を刻ませて父をこそ思へ母をこそ思へ  吉井 勇

    建碑由来
此の処は之即特殊薬効クリーム黒 龍発祥の地なり之が創製者は当市 出身蘭学の流を汲む医師故宮崎雅 幹国手にして日露戦役直後西比利 亜及北満黒河に開業露支人の診療 に従事中に研究して其処方を完成 皮膚疾患並に美肌作用に薬効を認 めらるるに至る大正十年故父彼の 地に没したる後は家伝として茂木 出身故母宮崎敬子女史其業を継ぎ 広く世に推奨さる昭和五年露支紛 争の難に遭いて引揚げたる後この 処に居を定め銘を黒龍として初め て内地に紹介せり両親とも憂国至 誠信念の人にして情に厚く義に堅 く是の黒竜を世の為人の為に捧げ て皮膚に悩む人を助け心身共に美 しく明るき世とならしめむことを 念願特に故母は眞に深き慈悲心を 以て全国に行脚奉仕せり此間昭和 九年上京同十八年他界する迄多数 の人乃喜びを受けたり今日黒龍が 世に認められたることは偏に故父 母の力と徳に在り継承者はその遺 志を奉じ日々故父母の恩を感じ只 管製品の向上を期し傘下代理店及 販売店と共に親睦を深め永遠に共 存共栄乃実を続けて愛用者の賞讃 に報いむとす茲に感謝の至誠を故 父母の霊に捧ぐべく黒龍創製四十 五周年会社創立参周年を卜し題歌 を歌人吉井勇先生に嘱し此処由縁 の地にこの記念の碑を建立する云 爾
  昭和弐拾七年拾壱月
       東京黒龍本舗
        株式会社黒龍堂
         代表取締役社長 宮崎雅志 白

黒龍発祥の地碑 聖コルベ記念館
黒龍発祥の地 碑       .