発祥の地bannar
阿武隈川改修事務所発祥之地
 [あぶくまがわかいしゅうじむしょはっしょうのち]


場所
福島県福島市清明町
コメント
JR東北本線の福島駅から南南東に1km。荒川が阿武隈川と合流する手前に信夫橋が架かっている。
荒川の左岸,信夫橋の上流100m位の堤防上に「阿武隈川改修事務所発祥之地」と書かれた石碑が建っている。この碑は社団法人福島県建設業協会の寄贈により建立されている。
碑の横には福島市が建てた説明板がある。

阿武隈川は,大滝根川・荒川・摺上川等の支川を合わせて,福島県から宮城県に入り,亘理町で太平洋に注ぐ,東北地方では北上川に次いで第2位の長さの川。
古くから繰り返し大規模な洪水に見舞われ,甚大な被害が発生している。このため阿武隈川の河川改修は 国の直轄工事として行うことになり,1919(大正8)年に内務省仙台土木出張所・阿武隈川改修事務所がここに創建された。

この記念碑は 1979(昭和54)年に,事務所の創立60周年記念として 当時の建設省福島工事事務所が建立した。(現在は 国土交通省東北地方整備局福島河川国道事務所)

撮影日
2010年8月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
  大正八年十一月十七日
  内務省仙台土木出張所
阿武隈川改修事務所発祥之地
     創立六十周年記念
     建設省福島工事事務所
     昭和五十四年十一月一五日

(説明板)
内務省仙台土木出張所跡
 阿武隈川合流点のこのあたりは,相次いで荒川の氾濫がありました。そのため,この39qたらずの小河川の治水工事は,大正末より阿武隈川治水と合わせて,国の直轄工事となりました。このことによって,それまでの村財政の逼迫を助けることにもなりました。戦時中は河川工事の放棄もありましたが,戦後は建設省(現・国土交通省)に引き継がれ,現在に至っています。       (福島市)


 
阿武隈川改修事務所発祥之地碑
 阿武隈川改修事務所発祥之地 碑
説明板
 (説明板)
 内務省仙台土木出張所跡