発祥の地bannar
シチズン時計株式会社発祥の地
 [しちずんどけいかぶしきがいしゃはっしょうのち]


場所
東京都 新宿区高田馬場4丁目
コメント
JR山手線・高田馬場駅から西に600m。
早稲田通りに面して“シチズンプラザ”の建物がある。ビル前面の歩道に面した植え込みの中に, 直径 80cmぐらいの球体を すっぱり切り落とした形の記念碑が建っている。

シチズン時計(株)は“CITIZEN”ブランドの時計で知られる, セイコーに次いで国内第二位の時計メーカー。1918(大正7)年に創業した「尚工舎時計研究所」が前身で,「CITIZEN」の名前で懐中時計を発売していた。
1930(昭和5)年に 会社組織となり「シチズン時計株式会社」と名称変更。
1936(昭和11)年に 田無工場(現・西東京市)を新設したが, 英語の使用を避けるため 会社名を「大日本時計株式会社」と変更。戦後は 1948(昭和23)年に 再び「シチズン時計(株)」に戻った。
2007(平成19)年に 社名を「シチズンホールディングス(株)」に変更し,製造子会社として「シチズン時計(株)」を設立した。

この地が「発祥の地」と呼ばれている詳しい事情は不明だが, 1930年に「シチズン時計株式会社」となった時代の本社工場がここにあったと思われる。
現在 この跡地には ボウリング場・アイススケート場・テニスコート・ゴルフ練習場などが設けられ,「シチズンプラザ(株)」が運営している。

コメント
(2012/10 追加)
isshokuさんからの報告によると,シチズンプラザ前の発祥碑の他に,プラザ内のパターゴルフ場の奥に創立75周年のモニュメントがあり,そこにも発祥の地である旨が記載されている。

撮影日
2007年4月
2012年10月 (写真提供 isshokuさん)
碑文
シチズン時計株式会社
    発祥の地

   1930年5月28日
      創立

 
シチズン時計祥の地碑 シチズンプラザ
シチズン時計発祥の地 碑
シチズンプラザ

パターゴルフ場奥にあるモニュメント
パターゴルフ場奥にあるモニュメント
(スケート場から撮影)
 (2012/10)
同上・拡大(上下反転)
同上・拡大(上下反転)
 (2012/10)