発祥の地bannar
富士製鋼株式会社発祥の地
 [ふじせいこうかぶしきがいしゃはっしょうのち]


場所
神奈川県川崎市川崎区大師河原1丁目
コメント
京浜急行大師線の東門前駅から 北に100m。
国道409号(大師道)に面して 広大な工場跡地が続く。その中に 場違いなインド風の建物が 建っているのが目立つ。その 南東端の「ご信徒通用門」と書かれた入口脇に 茶色の石碑が建っている。

川崎には多数の工場があるが, バブル崩壊後の経済情勢の変化の結果, 相当数の企業が 工場を移転させ 空洞化が進んでいる。特に 大師道沿線は メルシャン・コマツ・日鉄建材・ いすゞ など いくつもの大企業の工場が姿を消し, 現在は西部の開拓地のような荒涼とした 更地が広がっている。
いずれは 住宅地や商業施設などに変化していくのだろうが, 殺風景で 寂しい風景である。

そんな工場跡地のど真ん中に ポツンとインド風の建物が出現して 驚かされた。 まだ周辺には何もないので とても目立つ存在になっている。
「川崎大師平間寺自動車交通安全祈祷殿」という大きな看板が見られ, あの「川崎大師」の自動車のお祓いをする所だと聞いた。日鉄建材の工場跡地 5.6ヘクタールの一部が 利用されている。新年の初詣など, 大勢の参詣客が集まる時の駐車場としても利用されるようだ。

富士製鋼は, 1917(大正7)年に起業した会社だが, 大正末期に経営が悪化し 永野重雄氏が支配人兼 工場長として再建をはかり, 1934(昭和9)年に 製鉄の大合同があって 日本製鉄に吸収された。 以後 富士製鐡・新日本製鐵 と変わり, 日鐡建材となった。
2006(平成18)年に 住友金属建材と合併して「日鐵住金建材株式会社」となっている。

撮影日
2007年3月
碑文
富士製鋼株式会社発祥の地

 大正6年11月30日 富士製鋼株式会社は 製鋼 鋳鍛造と諸機械の製造を目的として この地に誕生 した
 その後 日本製鐡 富士製鐡さらには新日本製鐵 日鐡建材 日鐵建材工業と幾多の変遷とともに成長 を遂げてやまない
 多くの先達が波瀾に満ちた星霜を不退転の意志を 漲らせて この地この工場を護り発展のために日夜 心血を注いだ
 いま時と空間を超えて 川崎に鏤刻された伝統と 技術は変わることなく脈々として生き続ける
 ここに先人たちの刻苦精励の跡を偲び功績を顕彰 して 記念碑を建て 後世に残すものである
     昭和57年10月19日
        新日本製鐵株式会社
          取締役名誉会長 永野重雄

富士製鋼発祥の地碑 川崎大師自動車安全祈祷殿
富士製鋼発祥の地 碑
川崎大師 自動車安全祈祷殿