発祥の地bannar
日義村役場発祥の地/日義学校創立の地
 [ひよしむらやくばはっしょうのち/ひよしがっこうそうりつのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
長野県木曽郡木曽町日義
コメント
JR中央本線・原野駅から北東に1.5km, 宮ノ越駅から南東に1.5km。
中央線の線路脇 (木曽町役場の日義支所から 250mほど)に「日義村役場発祥の地」と「日義学校創立の地」の 両方の文字を刻んだ 黒い石碑が建っている。

ここは 中山道36番目の宿場“宮ノ越宿”。
1874(明治7)年に 宮の越村と原野村が合併し「日義村」となった。この村名は “朝将軍”と呼ばれた 木曽仲が平家討伐の旗挙げを行った地 であることにちなんで命名されたといわれる。
2005(平成17)年, 隣接する 木曽福島町・開田村・三岳村と合併して「木曽町」となった。

1888(明治21)年に 明治の新しい地方制度として“市町村制”が制定され, 記念碑のある場所に 日義村の村役場と日義学校が建てられた。
日義学校は 1909(明治42)年に ここから500m北東の現在地(日義中小学校)に移転。 村役場は 1966(昭和41)年に 250m南東の 現在地(木曽町役場日義支所)に移転した。

撮影日
2008年5月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
市町村制施行100周年記念
  日義村役場発祥の地
    明治22年4月
  日義学校創立の地
    明治21年4月

(裏面)
    歴代村長名誌 (略)
    木曽町への合併により
      平成17年10月31日を以て閉村

(説明板)
  「中央東西線鉄路接続点」記念碑 (略)

   日義学校跡
   日義村役場跡
 この地に学校と役場が建てられたのは明治 21年(1888)であった。
その後, 鉄道線路が校地を通過することに なったため明治42年, 学校は現在の 場所へ移築された。
 役場は庁舎そのままここに残されていたが, 昭和41年(1966)移転改築され, 旧建物は老朽化のため取り壊され姿を 消した。
          日義村

日義村役場発祥の地<br>日義学校創立の地碑
 日義村役場発祥の地 .
 日義学校創立の地  碑
同 説明板
 同 説明板     


移転先 http://840.gnpp.jp/hiyoshimurayakuba/,
http://840.gnpp.jp/hiyoshigakko/