発祥の地bannar
伊那郵便局発祥之地
 [いなゆうびんきょくはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
長野県伊那市西町
コメント
JR飯田線の伊那市駅から西に700m。
伊那街道・伊那部(いなべ)宿のほぼ中央部,長桂寺南の道路脇に,高さ80cmほどの石碑「伊那郵便局発祥之地」が建っている。

日本の郵便制度は,それまでの飛脚制度に代わって 1871(明治4)年にはじまり,東京・大坂・京都に“郵便役所”が,その他全国各地に“郵便取扱所”が設けられ,郵便取扱所は 地方の地主など有力者が任命された。 1873(明治6)年になって.従来の郵便取扱所のうち主要なものが“郵便役所”に改称され,その2年後には すべての郵便役所・郵便取扱所は“郵便局”(一等〜五等)と改称された。
伊那郵便局は,“郵便取扱所”→“五等郵便局”→“三等郵便局”→“特定郵便局”→“普通郵便局”と変遷を繰り返して現在に至っている。

沿革
1873年(明治6年)「伊那部郵便取扱所」として開設
1875年(明治8年)「伊那部郵便局(五等)」となる。同年「伊奈部郵便局」に改称。
1884年(明治17年)「伊那部郵便局」に改称(「奈」→「那」)
1888年(明治21年)「伊那郵便局」に改称。
1903年(明治36年)「伊那郵便局(三等局)」となる
1937年(昭和12年)三等局から特定郵便局に変更
1949年(昭和24年)特定郵便局から普通郵便局に
1956年(昭和31年)現在地(伊那市坂下)に局舎落成
2007年(平成19年)郵政民営化により,「郵便局株式会社伊那郵便局」となる

下記に示す碑文では,根津半内という人物が伊那郵便局を任されたことを記しているが,上記の沿革と 年月や局名などが微妙に食い違っている。どのような経緯なのかは不明。
なお,碑文の「長桂 峻嶽英昭」とは 近くの長桂寺の住職の名前かと思われる。

撮影日
2011年11月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
伊那郵便局
   発祥之地

   根津半内
     三等郵便局長
     伊那郵便局勤務を任せる
     明治十九年五月二十五日

  平成十八年七月吉日
    伊那部宿を考える会 建立
        長桂 峻嶽英昭書


 
伊那郵便局発祥之地碑
 伊那郵便局発祥之地 碑

移転先 http://840.gnpp.jp/inayubinkyoku/