発祥の地bannar
京阪バス発祥之地
 [けいはんばすはっしょうのち] 


場所
京都府京都市伏見区京町4丁目
コメント
京阪電鉄・伏見桃山駅の東側駅前。 大手前商店街に面する INOBUN (MEDIA) 店の前に 大きな横長の石碑が建っている。

「京阪バス」は 1922(大正11)年に, 京阪電車の伏見桃山駅前から伏見桃山御陵まで(0.8km)間を 参拝客を輸送するためのハイヤー会社で, 「桃山自動車株式会社」として創立された。
2年後に 社名を「京阪自動車株式会社」と変更し, 同区間の乗合バスの営業を開始。
戦後 1972(昭和47)年には 現在の会社名「京阪バス株式会社」と改称, 2006(平成18)年に 同じ京阪グループのバス会社(京阪宇治交通・京阪宇治交通田辺)と合併し, 新しい京阪バスとしてスタートした。

撮影日
2006年10月
碑文
京阪バス発祥之地
    昭和六十二年五月 角田 寛

 京阪バス株式会社の前身桃山自動車株式会社は, 大正11年7月20日中野種一郎を発起委員長とする発起人13名により資本金5万円でこの地に創立され, 自動車11両を以てハイヤー営業を開始した。
 大正13年10月28日社名を京阪自動車株式会社に改め, 同15年1月1日から京阪電車伏見桃山駅-桃山御陵下間0.8粁の乗合バス営業を開始した。昭和2年10月30日京阪電鉄は京阪自動車の全株式を取得, その後の京阪沿線のバス路線網拡充の基をなした。
 同47年4月1日創立50周年を期して社名を京阪バス株式会社に改めた。
          昭和六十二年五月      式地 晧

京阪バス発祥之地碑
京阪バス発祥之地 碑