発祥の地bannar
日本電池発祥地
 [にほんでんちはっしょうち]

場所
京都府京都市上京区近衛殿表町
コメント
地下鉄烏丸線の今出川駅から 西に400m。
今出川通から 新町通を北に向かうち,同志社大学新町キャンパスにぶつかる。
大学の南面に道路に向かって,自然石に「日本電池発祥地」と刻まれた石碑が, すぐ近くに「同志社大学 旧臨光館(旧日本電池 本社社屋)外壁の一部再現について」と題した 副碑が建っている。

日本電池(株)は 1917(大正6)年に 島津源蔵によって設立され,鉛蓄電池をはじめ各種の電池を製造した。

島津源蔵(2代目)は 島津製作所の創業者・初代島津源蔵の長男で,父親の死後 島津製作所の2代目社長となった。 島津製作所で 鉛蓄電池を開発。第一次世界大戦の勃発によって ドイツからの蓄電池の輸入が途絶えたため 需要が急増したため, 電池部門が独立して“日本電池(株)”となった。
本社はこの地に置かれていたが,1942(昭和17)年に 京都市南区に移転。 さらに この地に残った 今出川工場も 1959(昭和34)年に廃止になり,敷地は 同志社大学に売却された。
なお,日本電池は 2004(平成16)年に YUASA と経営統合し, 現在は (株)ジーエス・ユアサ コーポレーションとなっている。

余談だが 製品名や社名の一部になっている“GS”は,島津社長の “Genzo Simazu”の頭文字から来ている。

撮影日
2009年11月
碑文
日本電池発祥地
   昭和三十四年七月建之

(副碑)
   同志社大学 旧臨光館(旧日本電池 本社社屋)外壁の一部再現について

 1917(大正6)年,GSバッテリーの製造で知られる日本電池株式会社(現 株式会社 ジーエス・ユアサ コーポレーション)がこの地で誕生しました。島津製作所が1912(大正元)年から 当地で営んでいた蓄電池工場を母体とし,当時の政府・財界の協力で設立されたものです。
 蓄電池需要の増大に応えるため,1921(大正10)年には,地上3階,地下1階,延べ 2970uの本社社屋が完成しました。(右の写真は完成当初の姿です。)
関東大震災(1923年)以降に普及していく鉄筋コンクリート造を先取りし, 伝統様式から脱皮したセセッション式の外観をまとい,エレベーターや暖房設備まで備えた, 当時としては先進的な建物でした。
 本社が西大路に移った後も今出川工場として稼働してきましたが, 1959(昭和34)年に学校法人 同志社が買い取り,本社社屋を「臨光館」と命名し, 増築−改造を加えながら活用してきました。建設後80年以上にわたって活躍してきた臨光館ですが, このたび新しく生まれ変わることになりました。 取り壊すことになった旧臨光館については,その歴史的価値の詳細な調査,記録を行うとともに, 同志社購入時に建てられた「日本電池発祥の地」の石碑と並べて, ここに当初の外壁の一部を再現することにしました。
                  2005年9月   学校法人 同志社


 
日本電池発祥地碑 同志社大学新町キャンパス
日本電池発祥地 碑

同志社大学新町キャンパス    

旧・日本電池本社ビル 旧・日本電池本社ビル外壁
旧・日本電池本社ビル
(副碑より)
旧・日本電池本社ビル 外壁