発祥の地bannar
日本赤十字発祥の部屋
 [にほんせきじゅうじはっしょうのへや] 


場所
熊本県熊本市水前寺公園 (ジェーンズ邸)
コメント
水前寺公園(水前寺成趣園)の東隣。夏目漱石記念館と並んで「ジェーンズ邸」 (=洋学校教師館)と呼ばれる 美しい建物がある。 ここは 西南戦争時に 日赤創設者・佐野常民が 有栖川宮熾仁親王に ”敵味方の別なく 戦傷者を手当する救護団体を設立する”ことを訴えて 許可を得, 「博愛社」を設立した場所である。

ジェーンズ邸には「赤十字発祥の地」というような記念碑はない。わずかに 説明用に 小さな展示(「日本赤十字発祥の部屋」)〔写真(1)〕があるだけだが, 日本赤十字が設立されるのに重要な役割を果したこの建物を無視することは出来ないので, あえて ここを発祥の地コレクションに加えた。

■1871(明治4)に「洋学校教師館」として建築。L.L.ジェーンズの家族4人の住居として使用 (明治9年まで)
■1877(明治10) 西南戦争に際し, 征討大総督 有栖川宮熾仁親王の宿舎・本営となる。 佐野常民らが『敵・味方の別なく戦傷者を救護したい』との願いを提出, 有栖川宮から この館で『直許』が下り 博愛社が創設される。日赤発祥のセレモニーの場所となった。 (博愛社は, 10年後に日本赤十字社となる)
■1887(明治20)年から, 熊本県の物産館, 県立高等女子学校創立時の校舎, 日露戦争時のロシア軍将校の捕虜宿舎などに使用。
■1932(昭和7)年, 日本赤十字社に譲渡され, 現在の水道町へ移築。日赤記念館, 日赤熊本支部事務局, 血液センターなどとして36年間使用。
■1968(昭和43)年 熊本市へ譲渡。1970(昭和45)年 現在地へ移築され, 県有形文化財「ジェーンズ邸」として 保存・公開される。

撮影日
2004年10月
説明文
日本赤十字発祥の部屋

日本赤十字社の前身である「博愛社」 の設立が許可された部屋です。
西南戦争中の明治10年(1877)5月3日のことでした。
当時, ジェーンズ邸は征討総督本営と して使用されており, この部屋で 征討総督 有栖川宮熾仁親王から佐野常民へ 許可書が渡されました。

佐野常民は 西南戦争が勃発すると, 戦場での負傷者を救うため 民間の救護 団体結成の決意を固め, その実現のため努力を続けます。
 当時の政府には 敵, 味方の区別なく負傷者の救護を行うことが受けいれら れず 救護団体の結成は困難を極めます。
 明治10年(1877)5月1日 佐野常民は熊本城内の総督本営 (当時ジェーンズ 邸が本営として使用されました) を訪れ, 征討総督 有栖川宮熾仁親王, 参 軍 山県有朋らに救護団体結成の目的や必要性をうったえました。有栖川宮熾 仁親王もその主旨を聞かれ, 心から感動され, 即刻許可の意を表されました。
 佐野常民は, 直ちに救護団体の設立請願書を書き, 5月3日に本営へ提出し, 本営も同日設立の許可をします。
日本赤十字社の前身である「博愛社」がここに誕生しました。

(1)「日本赤十字発祥の部屋」 日本赤十字記念室
(1)「日本赤十字発祥の部屋」掲示
日本赤十字記念室

ジェーンズ邸
 ジェーンズ邸