発祥の地bannar
大阪讀賣新聞社発祥之地
 [おおさかよみうりしんぶんしゃはっしょうのち]


場所
大阪府大阪市北区野崎町
コメント
大阪市営地下鉄堺筋線の扇町駅から南西に 500m。
野崎公園東隣の“よみうりゴルフガーデン”の前に, 黒い柱状の石碑が建っている。 上部には 青色の半球の飾り, 右下には 読売新聞の紙面が掲示されているが, 一見地味な感じの記念碑である。

読売新聞は 1874(明治7)年に東京で創刊され 130年余の歴史があるが, 大阪に進出したのは 太平洋戦争後の1952(昭和27)年のことである。 この時は 東京の読売新聞社とは別会社の「(株)大阪讀賣新聞社」から「大阪讀賣新聞」を発行, この時から全国紙となった。 題字から“大阪”の文字がなくなったのは 1953(昭和28)年。
現在, 読売新聞は 「読売新聞グループ本社」の下に「読売新聞東京本社」「読売新聞大阪本社」「読売新聞西部本社」 の3社が それぞれの地域で読売新聞を発行している。

ちなみに 現在の読売新聞大阪本社は この地から150mほど南東(野崎公園の南)にある。

撮影日
2008年5月 (写真提供 K.T.さん)
碑文1
大阪讀賣新聞社発祥之地

大阪讀賣新聞社発祥之地碑
大阪讀賣新聞社発祥之地 碑