発祥の地bannar
ローム発祥の地
 [ろーむはっしょうのち]


場所
京都市右京区西院溝崎町
コメント
阪急・京都線の西京極駅から東北東に800m。新城南宮通に面して数ブロックにわたってローム(株)の社屋がある。
それらのほぼ中央の 新城南宮通の南側のブロックに,ロームオプトデバイス研究センターなどの施設がある。この中にあるロームVIPセンターの敷地の芝生に「THE BIRTHPLACE OF ROHM」と書かれたプレートが埋め込まれている。

電子部品メーカーであるローム(株)は,1958(昭和33)年に「東洋電具製作所」としてこの地に設立され,カーボン皮膜抵抗器の製造を開始した。当初の商標は“R.ohm”で,抵抗器を意味する “R”と抵抗値の単位“ohm”(Ω)を組みあわせたものだった。
その後個別半導体,LSIと製品を広げ,商標も“ROHM”に,社名も“ローム”と変更した。
2008(平成20)年には沖電気工業の半導体事業を買収し,最近では 全社売上高のうち 半導体が85%に達し,LSIだけでもが50%を超える巨大半導体メーカーになっている。

ローム社の沿革
1954東洋電具製作所を創業。
炭素皮膜固定抵抗器の開発、販売開始
1958株式会社東洋電具製作所を設立。
1967トランジスタ、スイッチングダイオードの開発、販売開始
1969ICの開発を開始
1979商標 R.ohm(アール・オーム)からROHM(ローム)に変更
商号(株)東洋電具製作所からローム(株)に変更
MOS-ICの開発開始
2008沖電気工業より半導体事業を買収

撮影日
2011年5月 (写真提供 N.M.さん)
碑文
THE BIRTHPLACE OF ROHM

   SINCE 1958


 
ROHM 発祥の碑
 ROHM 発祥の碑