発祥の地bannar
ソニー創業の地
 [そにーそうぎょうのち]


場所
東京都品川区北品川6丁目
コメント
JR山手線の大崎駅から北東に700m。
環状6号線の“御殿山小学校前”交差点と“御殿山交番前”交差点の間に“ガーデンシティー品川御殿山”という巨大なオフィスビルができた。そのビル前の植込みに青緑色の石碑が建っており,この地でソニーの前身“東京通信工業”が創業したことが記されている。

ソニー(株)は,井深大・盛田昭夫氏らによって 1946(昭和21)年に,東京日本橋の白木屋デパート(現在のコレド日本橋の場所)の一画を借りてスタートした“東京通信工業”に始まる。
設立の翌年にはデパートの売場拡張のため立ち退きを要求され,品川・御殿山にあった 70坪の古い倉庫を手に入れて移転した。この石碑は 御殿山への移転を記念して設置されたものである。

1958(昭和33)年には「ソニー株式会社」と社名を改め,日本初のテープレコーダーやトランジスタラジオなどはここ御殿山で開発された。
以来 御殿山周辺に多数のソニー関連ビルが林立し,地図によると11号館までの数字が見られる。まさに“ソニー村”と言ってもいい状態となった。
創業から60年を経過した 2007(平成19)年,ビルが老朽化し手狭になったため,品川駅の東側(港区港南)に新しい本社ビルを,また 大崎駅近くに“ソニーシティ大崎”を建設,多数の小規模なビルに分散していた事業所をまとめ,御殿山の創業の地のは売却された。
跡地はオフィスビル“ガーデンシティ品川御殿山”と,複数の高層賃貸マンション“プライムメゾン御殿山イースト・ウェスト”などに変貌している。

撮影日
2013年1月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
ソニー株式会社は昭和22年(1947年)1月20日この土地に70坪の工場を得て東京通信工業株式会社として 今日への第一歩を印した
        昭和36年2月
      ソニー株式会社

 
ソニー創業の碑
ソニー創業の碑
ソニー創業の碑(碑面)
ソニー創業の碑(碑面)
ガーデンシティー品川御殿山
ガーデンシティー品川御殿山