発祥の地bannar
住吉小学校・住吉村役場発祥の地
 [すみよししょうがっこう・すみよしむらやくばはっしょうのち]


場所
兵庫県神戸市東灘区住吉本町2丁目
コメント
JR神戸線の住吉駅のすぐ西側に,浄土宗の寺・阿弥陀寺がある。
寺の入口右側に「住吉村役場・住吉小学校発祥の地」と刻まれた白っぽい石碑が建っている。

旧住吉村は,神戸市東灘区の 本住吉神社を中心とした門前町で,現在もこの地域はまとめて“住吉”と呼ばれ,高級住宅地として知られる。

神戸市東部から西宮市にかけての一帯は,江戸時代中期ごろから“灘五郷”の日本酒生産が行われ,幕府の天領となっていた。
1874(明治7)年に 東海道線(大阪〜神戸間)が開通して,住宅地として発展。1889(明治22)年に 町村制が施行され,武庫郡に御影町・住吉村・魚崎村・本庄村・本山村の55町村が誕生。住吉村は阿彌陀寺茶堂に村役場を置いた。
戦後 1950(昭和25)年に,住吉村・魚崎町・御影町が神戸市と合併して,新たに東灘区となった。新しい区の名称は,本来このあたりが“灘”の中央部であったために“灘区”にしたいとの希望もあったが,既に神戸市灘区が存在したため東灘区となった。

住吉小学校は,明治6年創立の歴史ある公立小学校。現在の児童数 800名弱。

住吉小学校 沿革
1873明治6年明治5年の学制発布により,阿彌陀寺本堂を仮校舎として開校。授業は寺子屋教育の延長で,生徒は120人。
1879明治12年茶屋区(現・住吉幼稚園敷地)に校舎を新築,「住吉尋常小学校」と改称。
1903明治36年「住吉尋常高等小学校」となる。
1907明治40年隣接地に二階建て校舎を新築移転。
1920大正9年住宅地として発展するに伴い児童数増加。現在地(住吉東町4丁目)に校舎新築・移転。
1941昭和16年「住吉国民学校」と改称。
1947昭和21年「住吉村立住吉小学校」に改称。
1950昭和25年住吉村が神戸市に合併されたため「神戸市立住吉小学校」となる。

撮影日
2012年4月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
明治六年七月二十五日
  住吉小学校
明治二十二年六月一日
  住吉村役場
      発祥の地


 
住吉小学校・住吉村役場発祥の地 碑 阿弥陀寺
住吉小学校・住吉村役場発祥の地 碑
阿弥陀寺
(右下に発祥碑が見える)