発祥の地bannar
立飛企業株式会社発祥之地
 [たちひきぎょうかぶしきがいしゃはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
東京都立川市高松町1丁目
コメント
「立飛企業」の前身は「立川飛行機」。旧陸軍の立川飛行場に隣接するこの場所で,軍用機を開発・製造していたが,太平洋戦争の終結とともに 工場は米軍に接収され,米軍立川基地となった。
会社は「立飛企業」として存続し,航空機の開発が認められてからは「新立川飛行機」を設立して練習機などを製造したが 大きな成功は見られなかった。
接収地が返還されたのは 1976(昭和51)年のことで,JR立川駅に至近の広大な土地を取り戻した後も,本業であった航空機開発・製造には戻らず,もっぱら広大な保有地を利用した不動産業に徹している。
撮影日
2011年4月 (写真提供 T.K.さん)

 


移転先 https://840.gnpp.jp/tachihikigyokabushikigaisha/