発祥の地bannar
日本赤十字社発祥地
 [にほんせきじゅうじしゃはっしょうち] 

場所
東京都千代田区富士見2丁目
コメント
JR飯田橋駅から 線路沿いに南西に進むと, 左側に 東京逓信病院がある。(法政大学の手前)
東京逓信病院の敷地の北端に 千代田区の建てた発祥碑がある。

この場所から 直線距離で 600mほど東の, 目白通りに「日本赤十字社跡」という 標識が建てられている。

飯田橋散歩道  日本赤十字社跡

明治10年(1877)西南の役の時, 佐野常民は博愛社を結成し, 傷兵の救護活動を開始し ました。明治19年(1886), 旧麹町区飯田町4丁目, 現在の飯田町貨物駅のところに博愛社 が病院を建てました。その年, 日本は国際赤十字条約に加入し, 翌20年に博愛社は日本 赤十字社と名を改めました。明治27年(1894), 甲武鉄道が飯田町駅を建設するため立ち 退き, この地に移転, 大正元年(1912)に芝に移るまでここにありました。

日赤の発祥の地は 熊本県だという先入観があって, どうしてここが・・・? と思ったが, これらの碑文を読んで ようやく ここが日赤の本社の発祥の地だとわかる。
日赤関連の“発祥の地”碑は下記のように各地に存在する。

撮影日
2003年4月
碑文
日本赤十字社発祥地

 日本赤十字社は 明治10年(1877)西南戦争の際, 佐野常民・大給恒らが 傷病者救護活動等のため設立した 博愛社 を前身としたもので, その本拠は この地 桜井忠興邸においた。
        昭和63年3月
           千代田区教育委員会


 
日本赤十字社発祥地碑 東京逓信病院
日本赤十字社発祥地 碑
東京逓信病院