発祥の地bannar
東京病院発祥の地  [とうきょうびょういんはっしょうのち]

場所
東京都港区西新橋3丁目
コメント
NHK放送博物館のある愛宕山と 芝郵便局(日比谷通り)の間に, 東京慈恵会医科大学 と その附属病院がある。 病院の正面玄関左側に 発祥碑が建つ。

慈恵会医科大学の創立者 高木兼寛は, 1875(明治8)年 イギリスに留学し 医学を修め, 帰国後 東京海軍病院長になり 脚気を絶滅することに取り組み, 後に ビタミンが発見される基礎を作った。
1882(明治15)年 貧しい者を病から救うため, 賛同する同志 35人と共同で 慈善病院「有志共立東京病院」を設立した。
その後 米人宣教師リード女史を招聘し 東京病院内に 看護婦養成所を設立。

1907(明治40)年 有栖川宮妃を総裁とする 東京慈恵会が設立され, 東京慈恵医院は経済的支援を受けることになる。
1921(大正10)年 医学専門学校であった 慈恵会の教育機関が 東京慈恵会医科大学に昇格。 東京病院が大学の附属病院となった。

撮影日
2003年4月
碑文
東京病院発祥の地

 明治24年高木兼寛
 東京病院をこの地に開き
 大正11年本大学付属
 病院に移管され昭和37年
 慈恵大学病院と改称す
    昭和38年10月これを建つ

東京病院発祥の地 碑 東京慈恵会医科大学
東京病院発祥の地 碑
東京慈恵会医科大学