発祥の地bannar
東京商工会議所発祥の地
 [とうきょうしょうこうかいぎしょはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
東京都中央区銀座6丁目
コメント
新橋演舞場と道を隔てた隣に, 日産自動車の本社ビルがあり, その南東側の道路の 歩道の植込みに埋まるように 赤い大理石の碑が建っている。

明治維新後, 富国強兵・殖産興業・文明開化が国策の中心に掲げられ, 特に外国貿易振興のための商工業者の組織が必要とされた。 また 諸外国との不平等条約の改正を交渉するため 国内の商工業の世論を結集する代表機関 が必要となり, 伊藤博文・大隈重信・渋沢栄一らが 商工業者の世論機関の設立をはかり, 1878(明治11)年, この地に「東京商法会議所」が設立された。(後に「東京商工会議所」となる) 初代会頭は 渋沢栄一。

撮影日
2003年4月 
碑文
東京商工会議所発祥の地

 明治維新の国是をふまえ 欧米諸国の制度文物を 取り入れ 時の産業界の指導者が相携えて 明治11 年3月12日 商工業発展のための総合的組織体として 東京商法会議所(東京商工会議所の前身)を創立し その事務所をおいたのがこの地である
 ここには明治24年以来 農商務省 ついで商工省 が昭和18年まで所在し 明治 大正 昭和の3世代 にわたって 日本産業発展のための官民協力の場と もいうべきところとなった
 昭和53年3月12日 東京商工会議所創立100周年 にあたり ここに記念碑を建てて後世に残すものである
            東京商工会議所会頭  永野重雄


 
東京商工会議所発祥の地
東京商工会議所発祥の地 碑

移転先 http://840.gnpp.jp/tokyoshokokaigisho/