発祥の地bannar
別府温泉発祥の地
 [べっぷおんせんはっしょうのち]


場所
大分県別府市浜脇1丁目
コメント
JR日豊本線の東別府駅から 北西に300m。
朝見川に架かる中島橋の南側に,共同浴場“浜脇温泉”と複合温泉施設“湯都ピア浜脇”があり, それらに面して“浜脇温泉広場”がある。
広場の一角に「別府温泉発祥の地 浜脇」と書かれた大きな看板が掲げられている。

日本には温泉の数は数えられないほどたくさんあるが,別府温泉郷は 源泉の数と温泉の湧出量で日本一とされる。 別府には 別府・鉄輪・明礬・観海寺・亀川・柴石・堀田・浜脇 と名づけられた温泉群があり “別府八湯”と呼ばれる。
「別府温泉」とは,狭い意味では 別府八湯の中の一つの温泉の名前であるが,広義には 別府の温泉の総称としての “別府温泉郷”のことを指す場合がある。
ここ 浜脇温泉が「別府温泉発祥の地」という時の「別府温泉」は「別府温泉郷」の意味であろう。

“浜脇温泉”は 東別府駅近辺から海岸までの一帯に湧き出る温泉を指していて, 海岸の浜から温泉が湧していたことから「ハマワキ(浜湧き)」の名前がつけられたという。
鎌倉時代には既にに湯治場があったとの記録が残っていて,江戸・明治の時代には 豊富な湯量に支えられて, 庶民の湯治場として広く知られるようになった。 しかし 大正時代を境に湧出量が減少し,施設の老朽化もあって 衰退傾向にあった。
このため 昭和の末期に大規模な再開発が計画され,小規模な旅館や歓楽街を整理し 道路のつけ替えなどを行い, 1991(平成3)年に再開発が完了した。 浜脇温泉には 今も路地裏に花街の名残をとどめてはいるが, 共同浴場「浜脇温泉」とクアハウス「湯都ピア浜脇」を中心とする現代的な雰囲気に生まれ変わった。

「別府温泉発祥の地 浜脇」の看板には,再開発前の町の様子を示す写真や 当時の地図が掲示されている。
また 浜脇温泉広場の入口には 石のアーチがモニュメントとして建っているが,これは かつてこの場所にあった 「浜脇温泉」と「浜脇高等温泉」のコンクリート造の建物の出入口にあったアーチを そのままの形で 再建したものとのこと。

撮影日
2008年10月
碑文
別府温泉発祥の地 浜脇
  The Birthplace of Beppu Hot Springs.
        ツーリズム浜脇まちづくり推進協議会

別府温泉発祥の地看板
 別府温泉発祥の地 看板
浜脇温泉広場アーチ
 浜脇温泉広場のアーチ