発祥の地bannar
氷川下セツルメント草創の地
 [ひかわしたせつるめんとそうそうのち>


場所
東京都文京区千石2丁目
コメント
地下鉄丸ノ内線・茗荷谷駅から北に500m。
東大・小石川植物園の西側に簸川神社があり, その西側の“氷川坂”を南に下って 千川通りに出る その角に“老人保健施設 ひかわした”がある。
この建物の前の植え込みの中に, 「氷川下セツルメント 草創の地」と書かれた石碑が設置されている。

“セツルメント”(settlement)は スラム街などにボランティアが居住し 生活改善をはかる活動で, 通常は 保育・学習・授産・医療・法律相談などが行われ, 宗教家や学生などによって行われることが多かった。
日本では 明治時代に 外国人宣教師によって始められたが,片山潜が1897(明治30)年に “キングズレー・ホール”を中心に活動したのが最初とされる。
その後 社会主義運動とともに広まり, 関東大震災のあと 東京本所に東京大学の学生セツルメントが生まれ, 学生による活動のさきがけとなった。

戦後になると, 公共団体が 貧困・教育・差別・環境問題などの対策を講ずる施設として “隣保館”を設置する動きにもつながった。
しかし セツルメント活動は 1950〜1960年代がピークで, 高度経済成長時代を過ぎると活動する拠点が 減り 活動の内容が変化してきた。

「氷川下セツルメント」は 学生セツルメントの一つで, 零細な印刷関連業者が集まっていた ここ氷川下地区にセツルメント・ハウスを設立し, 診療所も併設して 活動した組織。
診療組織は 2000年に“氷川下セツルメント診療所”として 大塚に移転し, その跡地には 東京保健生協が老人保健施設“ひかわした”を開設した。

氷川下セツルメントについては 『氷川下セツルメント「太陽のない街」の青春群像』に詳しい。 この本は セツラーとして活動したメンバー 60人あまりによる回想記が集められている。

  『氷川下セツルメント 「太陽のない街」の青春群像』
    氷川下セツルメント史編纂委員会/編
    エイデル研究所  2007年8月 発行

撮影日
2008年2月
碑文
氷川下セツルメント草創の地

  1953年この地にセツルメント・ハウスが設立された。
  戦災で疲弊した地域で健康・生活・文化の向上を求める
  活動は, 当施設開設の礎となった。
              1952年発足以来五十年を記念して
              2002年春, 元セツラー一同建之


 
氷川下セツルメント草創の地碑 老人保健施設“ひかわした”
氷川下セツルメント草創の地 碑
老人保健施設“ひかわした”