発祥の地bannar
感恩講発祥之地
 [かんおんこうはっしょうのち]


場所
秋田県秋田市大町6丁目
コメント
JR奥羽本線・秋田駅から南西に1.5km。
旭川に架かる“下新橋”の西側に“新政酒造”がある。 酒造所の北側に隣接する児童公園の北西隅に,2枚の石板と石柱を組みあわせた発祥碑が建っている。

「感恩講」とは,一部の地域を除けば あまり知られていないが, 1829(文政12)年に創られた,日本初の“民営による窮民・孤児救済機関”。 現代風に言えば NPO(民間非営利組織)のような組織である。
東北地方はたび重なる凶作と飢餓により 生活に困窮する町民が増加していた。 那波祐生は 藩の“絹方”の支配人に登用され,貧民救済のための運用資金調達方法を検討するように 藩から依頼を受けた。
那波の立てた計画は,献金を募って その金で農地を買い入れ, そこから上がる収入で 平年は貧民を救済し,毎年の収入の半分は救済に使って残りの半分は貯蓄する。 凶作の年には飢餓に苦しむ人たちを助ける,というものだった。
この方法によって 出資者の経済力に影響されることなく,恒久的に安定した活動を維持することができる。
那波はまず自ら400両の献金を行い,有力町人に働きかけて同志の賛同を得,さらに一般町民からも加入者が増え, 構成員191名・献金は金2000両となった。その金でようやく財政基盤が出来上がった。
1829(文政12)年 藩ではこの事業団体に「感恩講」という名称を与え,民間主導の画期的な救済事業が誕生。 この地(本町6丁目)に備蓄米を保存する蔵を建設。 他にも町民の献金や木材・石材などの寄付や労力奉仕があり,藩からの援助も得られた。

1833(天保4)年に 東北地方はかつてない大飢餓に見舞われ,餓死や疫病死があいついだ。 発足間もない感恩講では資金がまだ不十分ではあったが,那波が私財を投じ,また藩からの支援も受けて, 救助を求めた家は1000戸,父母を亡くした孤児の数は120人以上に達した。 これらの人々に米を支給し 病人への薬代や医療費などを与え,孤児たちには保育の世話をした。 感恩講では天保4〜5年に 延べ413万人に対して施米をしている。

天保元年には土崎感恩講が発足。明治期までに秋田県内の感恩講(秋田感恩講とは別組織)の数は18ヶ所。 その中で 那波が創設した秋田感恩講が救済した人員は,明治42年の時点で 延べ403万余に及ぶ。
那波の精神は、藩政期を経て 明治・大正・昭和・平成と 脈々と受けつがれ、 現在 秋田市内に“感恩講児童保育院”として残り,代々那波家が理事長を務めている。

この場所には 1976(昭和51)年まで 感恩講の建物が残っていた,文字通りの発祥の地である。
石碑には 碑文らしき文字が書かれているが,達筆の草書体で 全く読み取ることができなない。

撮影日
2008年10月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
感恩講発祥之地

感恩講発祥之地碑
 感恩講発祥之地 碑