発祥の地bannar
「黄色い羽根」発祥の地
  [きいろいはね はっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
岩手県北上市飯豊
コメント
JR東北本線の村崎野駅から 北に2.5km。
花巻市方面から 国道4号を南下し 飯豊橋を越えるとすぐに, 右側に日産プリンス花北店, 左側に花北モータースクールがある。 この道路脇に『「黄色い羽根」発祥の地』と書かれた看板がたっている。

「黄色い羽根」は,交通安全運動の一環として 毎年春・秋の交通安全運動に際して配布されている。 この運動の起源は,50年前にこの地で発生した交通事故がきっかけだった。
1955(昭和30)年5月,北上市内の国道4号線の飯豊橋で 小学生などを乗せたバスが運転を誤り, 橋の欄干を突き破って川に転落。12人の死者と30人の負傷者を出すという大事故が起きた。
この事故をきっかけに,交通安全のシンボルとして,赤い羽根にヒントを得て「黄色い羽根」が考えられた。 この年の「秋の全国交通安全運動」から岩手県内で配布されるようになり,大きな反響があったため, 全国交通安全関係者会議でも報告され 全国でも実施されるようになった。
しかし最近では 「黄色い羽根」運動は 岩手県で全県的に実施されているものの,他の地方では 静岡県・山梨県・島根県 などの一部地方で行われているだけで, 全国的な活動とは言えなくなっているようである。

一方 交通安全運動とは別の「黄色い羽根」もある。 石川県を中心に「腎臓移植の啓発・推進」のための募金のシンボルとして使用されているものである。
これは 1997(平成9)年ごろから「日本黄色い羽根友の会」が開始し,その後「NPO法人日本黄色い羽根協会」に 引き継がれて行われているものだが,この運動も必ずしも全国規模にはなっていない。

撮影日
2008年10月 (写真提供 T.H.さん)


移転先 http://840.gnpp.jp/kiiroihane/