bannar
公益質庫発祥地
 [こうえきしちこはっしょうち]


場所
宮崎県日南市大堂津3丁目
コメント
JR日南線・大堂津駅から 南に100m。大堂津郵便局の向い側の駐車場の隅に「公益質庫発祥地」と 刻まれた 自然石の石碑と,黒御影石の副碑が建っている。

“質庫”とは“質屋”のこと。
質屋は 鎌倉時代から存在したと言われ,かつては庶民金融といえば 質屋であった。しかし 1970年ごろから, 消費者金融が起こったため 質屋は衰退し,現在では 金銭の貸付よりも 宝飾品や有名ブランド品などの 買取れが主体となっている。

公益質屋は1927(昭和2)年に施行された“公益質屋法”に基づき,市区町村あるいは社会福祉法人が 福祉事業として行った質屋のことで,一般の質屋と比べて金利が低く,質流れまでの期間が長い, しかも質流れ後に売却益が出た場合には 債務者に差額を返済する,などの大きな利点があった。 (ちなみに 一般の質屋の金利は 年利109.5%であるのに対して 公益質屋は 29.2%。[@2000年])
しかし 経済情勢の変化により 公益質屋の需要はは激減し,公益質屋法は2000(平成14)年に廃止された。

日本で最初に公益質屋ができたのは 1912(大正元)年。この地(旧)宮崎県細田村大字大堂津で, “細田村営質庫”と称した。
当時 細田村は人家が1,000戸足らずの貧しい漁村で,漁民は少数の網元に使われ,僅かの賃金を得て その日を暮らしていた。 何日も不漁が続くと 家財道具一切を質に入れて食料に変え,着るものもない状態で暮らす状態であった。 質屋の利息も月に1割にもなった。

時の村長 隈本和平は,ヨーロッパにおいて公営質屋の制度があると聞き, 困窮する漁民の救済保護のため これを利用できないかと考え,宮崎県知事・有吉忠一氏に相談し 賛同を得た。 前例がないため 準備は困難を極めたが,村営質庫規則などを整備し, 村の基本財産の中から 5,000円を繰り入れて ようやく開業。 利息は 月1.3〜1.6%という低利で,村民には大いに歓迎された。
興味深いのは, 開業以来7年間 質流れが一度もなかったという。

その後 公益質屋は各地に広まり,大正末には 30件を数え,昭和に入って 法律により公益質屋法が 制定されると,その数は 最盛期(昭和14年)に 1,100を超えた。

撮影日
2008年10月
碑文
公益質庫発祥地

  この地は社会事業史上
  我が国最初の公益質庫
  発祥の地でありその後
  経済情勢の発展により
  昭和四十一年三月廃止
  された

(副碑)
   公営質庫発祥ノ地由来
 公営質庫トハ 公営質庫法ニ基キ市町村又ハ
社会福祉法人ガ経営スル質庫ヲ言ウ 我ガ国ニ於
テコノ法律ガ制定施行サレタノハ昭和二年ノコト
ナリ  コノ法律制定ノ基礎ヲナシタノガ大正元
年細田村大堂津ニ於テ実施サレタ細田村営公営質
庫ナリ 依ッテ細田村営公益質庫ハ我ガ国公営質
庫ノ始マリテアリ 大堂津ハソノ発祥ノ地ナリ
 コノ公営質庫ハ大堂津漁民ノ生活困窮救済ノ方
法トシテ 当時ノ村長隈本和平ガ立案シ 実務ヲ
宇賀村藤被ガ担当セシモノデ我ガ国ニ前例ナキタ
メ ソノ労苦ハ並大低ノモノデハナカリシト伝エ
リ  後 隈本和平ハ県会議員ヲ四期ツトメ地方
発展ノタメ多大ノ貢献ヲナシ人々ノ尊敬ヲ集メタ
 宇賀村藤被ハ大堂津信用組合初代組合長トナリ
地区住民ノ生活発展ニ貢献セリ 依ッテ知事
町長 講談社カラ自治功労者トシテ数々ノ表彰ヲ
受ケタリ コノ公営質庫誕生ノ影ノ功労者トシテ
惜シミナキ支援ヲ与エラレタノハ 当時ノ知事
有吉忠一氏 財界ノ服部右平次氏ナリ
 国ノ施策ニ先ダツコト十五年前大正元年ニ宮崎
県ノ一寒村ニ於テ誕生シ 我ガ国公営質庫法ノ先
達トナリシコト 及ビコレニヨリ地区住民ガ大イ
ナル恩恵ニ浴セシコトハ永久ニ記憶サルベキコト
ナリ 茲ニコレラ先見ノ明ヲ讃エ公営質庫発祥ノ
由来ヲ書キシルシ 後世ニ伝エムトスルモノナリ
    昭和六十年七月
            大堂津地区有志一同

公益質庫発祥地碑
 公益質庫発祥地 碑
大堂津駅
 大堂津駅       
 駅前には何故か人魚の像が